ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ビデオテープの基礎知識

 

ビデオカセット分解図

[図]ビデオカセット分解図

ビデオテープの好ましい保存条件

[図]ビデオテープの好ましい保存条件

VTRシステムの変遷

[図]VTRシステムの変遷

VTRシステムの比較表

システム/
項目
記録方式 記録時間
(分)
テープ
タイプ
テープ幅
(mm)
カセット/
オープンリール
主な用途 導入時期
(年)
1インチ アナログ
コンポジット
189 酸化鉄 25.4 オープン
リール
放送用 1977
3/4インチ アナログ
コンポジット
KCA:60
KCS:20
酸化鉄 19 カセット
KCA,KCS
業務用 1971
BETACAM アナログ
コンポーネント
L:90
S:30
酸化鉄 12.65 カセット
S,L
業務用
EFP
1982
BETACAM SP アナログ
コンポーネント
L:90
S:30
メタル 12.65 カセット
S,L
放送用
業務用
1987
MII アナログ
コンポーネント
L:90
S:20
メタル 12.65 カセット
S,L
業務用 1985
S-VHS アナログ
コンポジット
120 酸化鉄 12.65 カセット 業務用 1987
Hi8
MPポジション
アナログ
コンポジット
120 メタル 8 カセット 業務用 1989
Hi8
MEポジション
アナログ
コンポジット
120 メタル(ATOMM)
※他社は蒸着テープ
8 カセット 業務用 1989
D2 デジタル
コンポジット
L:208
M:94
S:32
メタル19 カセット
S,M,L
放送用 1988
D3 デジタル
コンポジット
L:180
M:90
S:46
メタル 12.65 カセット
S,M,L
放送用 1991
Digital
BETACAM
デジタル
コンポ-ネント
L:124
S:40
メタル 12.65 カセット
S,L
放送用
EFP
1994
D5 デジタル
コンポ-ネント
L:124
M:63
メタル 12.65 カセット
M,L
放送用 1995
DVCPRO デジタル
コンポ-ネント
L:126
M:66
メタル(ATOMM) 6.35 カセット
M,L
放送用
ENG
1995
Digital S デジタル
コンポ-ネント
104 メタル 12.65 カセット 放送用
業務用
1996
BETACAM SX デジタル
コンポ-ネント
L:194
S:62
メタル 12.65 カセット
S,L
ENG 1996
DVCAM デジタル
コンポ-ネント
L:184
S:40
蒸着 6.35 カセット
S,L
業務用 1996
HDCAM デジタル
コンポ-ネント
L:124
S:40
メタル 12.65 カセット
S,L
放送用 1998
MPEG IMX デジタル
コンポ-ネント
L:184
S:60
メタル 12.65 カセット
S,L
放送用 2000

富士フイルム 放送用・業務用ビデオテープ技術の歴史概略

富士フイルムは、1959年に国産初の放送用ビデオテープを製造して以来、あらゆるシステムに対応したプロ用ビデオテープを開発し続けてきました。 また、優れたメタルテープ技術に対し、1990年にはエミー賞を受賞しました。さらに現在も次世代システムに対応した記録メディアを開発し続けています。

1959年 NHK技術研究所で国産初の2インチビデオテープの録画再生に成功
1963年 国産初の2インチビデオテープを発売
1974年 H521(U-matic)ビデオカセットテープを発売
1976年 VHSビデオカセットテープを開発
1979年 H621(1インチ)ビデオテープを発売
1983年 ENG/EFP用途として、プロユースの1/2インチビデオカセット H421(Mフォーマット)、およびH321(ベータカム)ビデオカセットテープを発売
1984年 世界初のプロ用メタルテープM401(M II)メタルビデオカセットテ ープを発売
1985年 8mmビデオカセットを発売
1987年 DATメタルオーディオカセットテープを発売
1989年 Hi8(ハイバンド8mm)メタルビデオカセットテープを発売
M321SP(ベータカムSP)メタルビデオカセットテープを発売
D2001(D2)デジタルVTR用メタルビデオカセットテープを発売
HV-3A(UNIHI)世界初ハイビジョン用メタルビデオカセットテープ を発売
世界初のダブルコーティングテープ、H471S(S-VHS)プロ用ビデオカセットテープを発売
1990年 優れたメタルテープ技術に対し、エミー賞を受賞
1991年 D3001(D3)デジタルVTR用メタルビデオカセットテープを発売
1992年 DATPROメタルオーディオカセットテープを発売
ATOMM技術を発表
1993年 業務用Hi8ビデオテープM221MP(MPポジション用)、M221E (MEポジション用)を発売
1994年 D321(デジタルベータカム)デジタルVTR用メタルビデオカセットテープ発売
1996年 DP121(DVCPRO)デジタルVTR用メタルビデオカセットテープ発売
1997年 HD531(HD D5)デジタルHD用メタルビデオカセットテープ 発売
2000年 HD331(HDCAM)デジタルHD用メタルビデオカセットテープ発売
2001年 MX321(MPEG IMX)デジタルVTR用メタルビデオカセットテープ発売
NANOCUBIC技術を発表
2003年 DV131(DVCAM)デジタルビデオカセットテープ発売

お問い合わせ・資料請求

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)で、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム(株) 記録メディア事業部営業部 受付時間:9:00~17:00(土曜・日曜・祝日除く) 03-6271-2086
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)で、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム(株) 記録メディア事業部営業部 受付時間:9:00~17:00(土曜・日曜・祝日除く) 03-6271-2086
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る