ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士ドライケムの特長

トップ ドライケミストリーとは システムの構成・特長 比色法スライドと電極法スライド

富士ドライケムシリーズの特長と技術的な解説を提供しております。

ドライケミストリーとは

ドライケミストリーとは、特定の化学反応を起こす試薬が乾燥状態で用意されていて、そこに液体状の検体が添加されると、検体中の水分を溶媒として、試薬が含まれているマトリックスの中で反応が進行するもの。
(亀井 幸子:ドライケミストリーとその展望 化学と生物 vol.25 NO.6 P379?387)

システムの構成・特長

富士ドライケムは、試薬(スライド)を機器(アナライザー)にセットし検体を点着するだけで測定を行える、迅速・簡便なシステムです。

比色法スライドと電極法スライド

面倒な準備や調整が必要な液体試薬の代わりに、比色法スライドと電極法スライドの2種類を用意しております。

資料請求・お問い合わせについて
製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルムメディカル(株)で承っております。Web(お問い合わせフォーム)で、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

お問い合わせ先 電話番号一覧

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る