ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士ドライケム IMMUNO AG1 : 機能・特長

 

[画像]富士ドライケム IMMUNO AG1

高感度検出(*1)、自動判定可能、時間管理不要

高感度検出(*1)

インフルエンザキットでは、標識に用いる金コロイド粒子を写真現像の銀増幅技術を用いることにより約100倍に増幅し、検出感度を向上させました。

  • *1:高感度検出とは、インフルエンザウイルスキットで使用している銀増幅技術を指します。

自動判定可能

機械が自動で判定するから、装置にセットするだけ。

時間管理不要

測定時間の管理も不要で、目視判定のように個人によって誤差が生じる心配はありません。
簡単操作で感染症の迅速検査を支援します。

測定フロー

[写真]測定フロー

A5サイズ相当の場所を取らないコンパクトボディ

測定装置「富士ドライケム IMMUNO AG1」は、幅180ミリ、奥行き200ミリのコンパクト設計。場所を選ばず設置できます。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る