ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

デジタル骨塩定量測定サービス +DIP for DR

 

[写真]DRによる骨塩定量測定。

基本情報

ダイレクトだから、早い。線量1/2(*2)だから、優しい。

近年、医療機関で着実に進んでいるDR化。富士フイルムはDR直結による骨塩定量測定を可能にしました。
DRで撮影した高精細なデジタル診断画像を、富士フイルムのクリニック向け医用画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」で処理することにより、ダイレクトに骨塩量を計測して、誤差の少ない検査結果を得ることが期待できます。

  • デジタルデータを直接測定するのでフィルム出力は不要
  • 検査結果をわずか1秒で確認可能
  • DIP法としての保険申請が可能
  • 従量課金によるご使用量に応じたお支払いサービスをクラウド(ASSISTA Portal)で提供
  • ※ 「+DIP for DR」のご利用にはASSISTA Portalのご契約が必要です。
  • ※ 「+DIP for DR」は従量課金によるサービスです。1回のご利用ごとに料金が発生します。
  • *2:当社従来比。当社推奨撮影条件において、線量半分での撮影が可能になります。お客さまがご使用のX線発生装置ごとに撮影推奨条件値は異なります。
    従来撮影条件:50kv 100mA 0,04sec カセッテDR使用時撮影条件:50kv 100mA 0,02sec

製品名 C@RNACORE
販売名 富士画像診断ワークステーション
CC-WS674型
認証番号 22200BZX00909000

製品名 画像処理ユニット Console Advance(DR-ID300CL)
販売名 富士フイルムDR-ID300の構成品の画像処理ユニット
認証番号 221ABBZX00151000

おすすめコンテンツ

開業医向け情報提供サイト「診空間」
デジタル化時代のクリニック経営に不可欠な情報を厳選してご紹介しています。

医療システム管理情報支援サイト
当社医療機器をご使用のお客さまに各種有益な情報をご提供しています。


お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

医療・ライフサイエンス関連のセミナー・イベントはこちら

関連情報

富士フイルムの技術とノウハウは、医療分野にも生かされています。

あしたを見つめる富士フイルムの医療ネットワークとは。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る