ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

AMULET Innovality : 機能・特長

 

[画像]AMULET Innovality

マンモグラフィを、もっとやさしく、もっと診やすく

Excellent-m 2D -50μmの高精細画像を描出。従来比30%減(*1)の低線量撮影を可能に-

[写真]

[写真]

[図]

直接変換方式FPD最小画素サイズ50μmにより、微小石灰化の描出能を高めました。また、線質補正を行うISCに線量低減と高鮮鋭な画像を両立できるFSCを加えることで、さらに約30%の線量低減(*1)しても同等の画質であることを確認しています。

Excellent-m 3D -独自の逐次近似超解像再構成処理(ISR)で高画質。3Dも従来比40%減(*1)の低線量-

[写真]

[図]

逐次近似超解像再構成処理(ISR)により、従来と比較してトモシンセシス画像の線量を40%低減(*1)可能にしました。逐次近似法(*2)を用いて石灰化、乳腺などの他断面への写りこみを低減し、さらに画像解析によるノイズを抑制。また、独自の超解像技術により、鮮鋭性を向上させました。

人工知能(AI)技術(*3)を用いた画像処理技術

ISC線質補正技術
Image-based Spectrum Conversion
FSC微細構造鮮明化処理
Fine Structure Control
ISR逐次近似超解像再構成処理
Iterative Super-Resolution reconstruction
被写体コントラストを最適に調整する処理 信号成分とノイズを分離し、信号強調とノイズ抑制を同時に行う処理 アーチファクトの低減、高解像度化、粒状抑制を同時に行う処理

*1 当社過去画像との比較による。
*2 方程式を解くにあたって、まず1つの近似解を推定し、次にこの近似解を用いてさらに精度が高い近似解を求め、逐次この操作を繰り返して近似の精度を高める方法。
*3 人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させるための一連の基礎技術のこと。当社は、X線画像の画像処理において、人工知能に活用されている画像認識技術を使用しています。

最適線量で、高精細画像を提供

intelligent AEC ‒ 乳房タイプに合わせてX線量を最適

[図]

微線量で撮影したプレショット画像から、乳房内における乳腺位置を解析。乳腺エリアのみを使用し、最適な線質・線量での撮影が可能に。また撮影線量の見極めが難しいインプラント挿入乳房でも、インプラント領域を認識することで、自動で撮影可能です。


[図]

線量低減可能なタングステン陽極で、モリブデン陽極撮影相当のコントラストを実現

[図]

線質補正を行うISC(*4)を用いて、コントラストの最適化を可能にしました。ISCは画像解析により、乳腺/脂肪の量とX線スペクトルの違いによって生じるコントラストの変化を調整する技術です。

*4 画像解析に基づいて仮想的にスペクトル変換する。

洗練された、快適なユーザビリティの追求

患者撮影情報表示機能

[図]

撮影スタンド表示パネル①には患者情報(ID、氏名、生年月日など)を表示します。また、ポジショニング情報(撮影角度、圧迫圧力、乳房厚)に切り替えて確認が可能です。ポジショニング情報は①、②両方での確認が可能です。

ポジショニングをサポートするシフト圧迫板

[図]

18×24シフト圧迫板は、CCでは中央、MLOでは上部へアクリル部を可動できます。また照射野は圧迫板に合わせ自動で追随します。

専用AWS 操作ワークステーション

[図]

最適な検査ワークフローを提供

  • 日本語表示による、わかりやすいユーザーインターフェース
  • X線コントロール部を搭載。同一画面で撮影条件の設定・確認が可能。
  • 検査画面で1、2、4分割表示の設定・切り替えが可能。
  • 左右画像を確認しながら、濃度、コントラスト調整が可能。
  • 自動・手動による左右画像の位置あわせ機能。
  • 検査中でも任意の画像出力が可能。

高精細5Mセカンドモニター(オプション)

  • セカンドモニター接続により、詳細画像表示、過去画像参照(*5)が可能。
    撮影中の画像と過去の画像を比較表示も可能。
  • トモシンセシス撮影では自動的に再構成された画像を表示します。

*5 PACS接続時

乳腺量(Density Category)表示(オプション)

撮影直後にAWSコンソールで乳腺量を自動計測し、解析値をDICOM Tagに出力。Density Categoryのしきい値は任意で設定可能。

FUJIFILM Mammo QC マンモグラフィ専用品質管理ツール(オプション)

[図]

富士フイルムデジタルマンモグラフィシステム専用の品質管理プログラム。高精度な品質管理による、クオリティの高い画像を安定的に提供。信頼性の高い検査・診断を可能にします。

  • 10項目の画質評価を5分以内で実施可能
  • グラフ表示で、日々の変動を視覚的に確認
  • X線撮影装置を含めた日常点検項目のデータ解析・履歴管理が可能
  • 蓄積した管理データはCSVファイルで個別に管理可能

[写真]

デュアルファンクション、効果的かつスピーディーに。トモシンセシス機能

FUJIFILMの低線量トモシンセシス

[写真]

X線管球を移動しながら連続的に低線量でX線を照射し、複数の位置から撮影した画像を再構成。見たい構造に焦点を合わせた画像を提供することが可能で、乳腺構造の重なりにより発見が難しかった病変の観察を容易にしました。

従来方式を大幅に下回る低線量を達成

[写真]

*6 当社過去画像との比較による
*7 IAEAガイダンスレベル3mGy、日本放射線技師会ガイドライン2mGy

幅広い臨床適用を可能にした2つのモード

ST(Standard) mode

[写真]

振り角:±7.5度
解像度:150/100μm

[図]

撮影角度を最小に抑え、画像読み出しを最速にすることで、高速撮影を実現したモード。被写界深度が深く、シネ表示で効率的に断層像を確認できます。


[図]

検診/スクリーニング/フォローアップなど

HR(High Resolution) mode

[写真]

振り角:±20度
解像度:100/50μm

[図]

振り角を大きくし、深さ方向の分解能を向上したモード。被写界深度が浅いので注目したい部分にフォーカスを合わせられます。


[図]

精査の追加撮影/形態把握

2種類の画像出力モードで、診断に最適な画像を提供

[写真]

高速表示・再構成で撮影サイクルを短く

[図]

ショット後は2D撮影でも3D撮影でも、約15秒のサイクルタイムで次のショットを開始できます。


S-view(Synthesized view)(オプション)

トモシンセシス画像から乳房厚情報を含む合成2D画像を作成。1回のトモシンセシス撮影でトモシンセシス(3D)画像とトモシンセシスの特長を持った合成2D(S-view)画像を作成します。

[写真]

トモシンセシスバイオプシーにも対応【バイオプシーポジショナー】(オプション)

[写真]

正確で信頼性の高いポジショニングとターゲティングが可能に。ラテラルアダプターを使えば、撮影台に対して水平方向からの穿刺も選択できます。さらにトモシンセシスバイオプシーオプションとの組み合わせで、ターゲティング時にトモシンセシス画像を利用することが可能となります。

トモシンセシス画像でのターゲティングイメージ

[図]

  • 乳腺構造の重なりのため、指摘が難しい
  • 同じ対象物を選ぶのが、困難な場合もある

[図]

  • 重なった画像を、分離した状態に再構成
  • 対象物の位置の把握が従来より容易(*8)

*8 トモシンセシス画像で確認できる対象物の場合。

5Mサブモニターを通じて正確かつ素早くターゲティング

目的部位のターゲティングを行うと、イメージ図が表示され、乳房厚や、圧迫板~ターゲット・ターゲット~撮影台の距離をすぐに確認することが可能。ニードル刺入時の局所麻酔範囲の判断などを迅速に行えます。

[写真]

受診者の気持ちに寄り添ったHarmony機能

[図]

AMULET Harmonyは、当社のマンモグラフィ装置とそれを使用する操作者や受診者の調和(ハーモニー)を表し、より優しく快適なマンモグラフィ診断を目指す富士フイルムの新しいマンモグラフィソリューションです。


FS(Fit-Sweet)圧迫板

優しく乳房(乳腺)全体にフィットすることで圧力が分散され乳房全体を広げて固定します。

[写真]

小S乳房シフト圧迫板

手が抜きやすい奥行きの短い圧迫板。

[写真]

緊張を和らげるやさしい光

温かみのある間接照明で背面支柱を照らします。受診者の緊張を和らげ、優しくスムーズな検査へと導きます。

[写真]

やさしい印象のデコレーションラベル

装置の印象を変える5種類のデコレーションラベル。受診者の緊張や不安を少しでも和らげ、リラックスしてもらうために、撮影室の雰囲気に合わせたデザインが選択できます。

[写真]

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る