ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

COREVISION LDNEW

 

[写真]広く、鮮やかに描く。手術の最前線で、より良い画像診断を実現するために―。

基本情報

「COREVISION LD」は、手術中に患者内部の骨、臓器、血管などの状況を、安全、正確に、素早く画像として描出。
大画面31×31cmのフラットディテクターと画像処理機能による低線量でも高精細な画像に加え、直感的かつ安全な操作を可能に。
手術の遂行を効果的にサポートします。

  • 31×31cm歪みのないスクエア大画面FD
  • 高画質・低線量を実現するFUJIFILM FD Low-Dose Solutions
  • 25kWの大容量出力
  • 長時間撮影を可能にするAdvanced Active Cooling
  • 手術台等との干渉を最小限に抑える83cmのワイド開口
  • アーム角度165°、あらゆる角度からのポジショニングをサポート

製品名 COREVISION LD
販売名 X線透視診断装置 CoreVision LD
認証番号 230ABBZX00037000

関連製品

製品・サービス内容から探す

おすすめコンテンツ

医療システム管理情報支援サイト
当社医療機器をご使用のお客さまに各種有益な情報をご提供しています。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

医療・ライフサイエンス関連のセミナー・イベントはこちら

関連情報

富士フイルムの技術とノウハウは、医療分野にも生かされています。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る