ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

関連製品(デジタルX線画像診断システム)

 

[写真]経時変化の差を確認しやすくする、胸部テンポラルサブトラクション画像を自動生成。

ラインアップ

DR方式・デジタルX線診断画像からダイレクトに骨塩量を測定します。

デジタルX線画像からダイレクトに骨塩量を測定します。

これ1台で、DRもFCRも一括制御。オーダーの統合管理により、すぐれたワークフローを提供。

経時変化の差を確認しやすくする、胸部テンポラルサブトラクション画像を自動生成。

FCR画像読取装置専用のX線画像情報検出媒体。

画像読取装置専用にそのままセットし読み取りできるIPカセッテ。

全脊椎や全下肢を一度に撮影。快適なワークフローを提供する長尺カセッテ。

放射線治療の位置決め時に用いられるポータルイメージ(照射野照合画像)専用カセッテ。

おすすめコンテンツ

関連製品システムの概要
富士コンピューテッドラジオグラフィの概要についてご説明します。

ピンクリボン運動
富士フイルムグループは、乳がん検診啓発活動を応援しています。

医療システム管理情報支援サイト
当社医療機器をご使用のお客さまに各種有益な情報をご提供しています。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

医療・ライフサイエンス関連のセミナー・イベントはこちら

関連情報

富士フイルムの技術とノウハウは、医療分野にも生かされています。

あしたを見つめる富士フイルムの医療ネットワークとは。

乳がん検診で使われるデジタルマンモグラフィの仕組みを分かりやすくご紹介。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る