ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

下部消化管用スコープ(Advancia)

 

[写真]ルーチン検査から精密検査、そして処置までをサポートする下部消化管用スコープです。

下部消化管用汎用スコープ EC-600WM

観察範囲2mmからの近接観察を実現した、メガピクセルCMOSイメージセンサー採用の高画質下部消化管用汎用スコープです。挿入部には先端部から手元部分へ連続的な硬さ変化を実現した、しなやかで柔軟性のある軟性部を搭載し、スムーズな挿入をサポートします。

製品名 下部消化管用汎用スコープ EC-600WM
認証番号 225AABZX00208000

下部消化管用光学拡大スコープ EC-600ZW/M

汎用スコープの基本性能に加え、拡大時に最短1.5mmからの近接観察を実現し、病変などをより細部まで観察できます。また、ステップズーム動作モードを新たに搭載し、簡単なボタン操作で段階的に拡大できるため、拡大観察時のピントが合わせやすくなりました。

製品名 下部消化管用光学拡大スコープ EC-600ZW/M
認証番号 226AABZX00105000

下部消化管用汎用スコープ EC-590WM3

先端部の柔らかさと手元部分の硬さのバランスを改良しました。高画質スーパーCCDハニカムを搭載し、先端部径12.0mmで視野角140°、3.8mm大鉗子チャンネル、ウォータージェット機能を備えた下部消化管用汎用スコープです。

製品名 下部消化管用汎用スコープ EC-590WM3
認証番号 220AABZX00294000

下部消化管用光学拡大スコープ EC-590ZP

汎用スコープ(*1)よりさらに細径の先端部径11.7mm、軟性部径11.8mmを実現した細径拡大大腸内視鏡です。

外皮製法の変更により連続的な硬さ変化を実現。先端部から手元部分への硬さのバランスを改良し、スムーズな挿入をサポートします。

  • *1:当社、EC-590WM3比較(先端部径12.0mm、軟性部径12.0mm)
製品名 下部消化管用光学拡大スコープ EC-590ZP
認証番号 223AABZX00110000

下部消化管用細径スコープ EC-590MP

先端部径が11.0mm、高画質スーパーCCDハニカム採用の高画質下部消化管用細径スコープです。視野角も140°と広く、ウォータージェット機能も有しているので下部消化管用ルーチンスコープに適しています。

製品名 下部消化管用細径スコープ EC-590MP
認証番号 220AABZX00215000

下部消化管用処置用スコープ EC-580RD/M

軟性部外径を10.5mmまで細径化しながら鉗子口径は3.2mmを確保。
また、内視鏡の先端部分の湾曲角210°を実現し、小回り・旋廻性能に優れているため、大腸内にある輪状ヒダの裏側などの観察が容易に行えるようサポートします。

製品名 下部消化管用処置用スコープ EC-580RD/M
認証番号 225AABZX00151000

下部消化管用極細径スコープ EC-530XP

製品名 下部消化管用極細径スコープ EC-530XP
認証番号 220AABZX00240000

おすすめコンテンツ

内視鏡システムマニュアル
トラブルシューティング、取り扱い方法などをご案内。

開業医向け情報提供サイト「診空間」
デジタル化時代のクリニック経営に不可欠な情報を厳選してご紹介しています。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

医療・ライフサイエンス関連のセミナー・イベントはこちら

関連情報

富士フイルムの技術とノウハウは、医療分野にも生かされています。

FUJIFILMの光学技術とデジタル画像技術によって進化する経鼻内視鏡技術のご紹介。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る