ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

光源・プロセッサー(LASEREO) : 機能・特長

 

[画像]光源・プロセッサー(LASEREO)

「2つのレーザー光」という発想

[図]レーザー照明の概念図
レーザー照明の概念図(実際の構成とは異なります)

LASEREOシステムのレーザー光源装置は白色光用とBLI用の2つの波長のレーザーを搭載しています。白色光用レーザーは、蛍光体を発光させて白色光照明を得るための励起光として使用します(波長幅は2nm、発振波長の個体差は440~460nmの範囲内(*1))。BLI用レーザーは血管・表面構造の情報を高コントラストな信号として取得するために使用します(波長幅は2nm、発振波長の個体差は400~420nmの範囲内(*1))。2種類のレーザーの発光強度比を変えることで、白色光観察と狭帯域光観察それぞれに適した光を照射し、画像処理との組合せによって4つの観察タイプを切替えて使用できます。

  • *1:波長が仕様内であれば、撮影画像に差異がないようシステム調整しています。

BLI(Blue LASER Imaging)画像

短波長狭帯域光観察BLIは、表層血管観察に適した短波長レーザー光を照射して得られる高コントラストな信号に画像処理を行うことによって、血管や表面構造の観察に適した画像を表示します。

[図]BLI(Blue LASER Imaging)画像

LCI(Linked Color Imaging)画像

赤みを帯びた色はより赤く、白っぽい色はより白くなるように色の拡張・縮小を行い、粘膜の微妙な色の違いを強調し、炎症診断をサポートします。

[図]LCI(Linked Color Imaging)画像

発光強度で切り替えられる観察タイプ

赤みを帯びた色はより赤く、白っぽい色はより白くなるように色の2種類のレーザーの発光強度比を変えることで、白色光観察と狭帯域光観察それぞれに適した光を照射し、画像処理との組合せによって4つの観察タイプを切替えて使用できます。

[図]発光強度で切り替えられる観察タイプ

従来光源より省エネで、長寿命を実現

従来のキセノンランプが300Wに比べ、レーザー光源は約10Wの消費電力です。約1,000時間/年、内視鏡を使用した場合、キセノンランプは500時間ごとの交換を推奨しており、6年間で12個のランプ交換が目安となります。レーザー光源では、これらの交換の手間が省けます。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る