ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ディスポーザブル高周波はさみ鉗子 ClutchCutter

 

[写真]つかむ、引き上げる、切る、止血する。目指したのは、指でつまみ取るような操作感。この使いやすさがESDを変える。

基本情報

[写真]

患者さんへの身体的負担が少ない治療法として、今後一層注目されるESD。
富士フイルムでは、さらなる使いやすさを目指した処置具を開発しました。
それが、目標部位をつまむ、引き上げる、切るなど、思い通りの処置を実現する「ワニ口」形状。


製品名 ディスポーザブル高周波はさみ鉗子 ClutchCutter
販売名 ディスポーザブル高周波はさみ鉗子 DP2618DT
認証番号 222AABZX00008000

機能・特長

「ワニ口」形状の爪と回転機能がESDを効果的にサポート

[写真]

粘膜切開:ワニ口でしっかりつかむ
粘膜組織を把持しやすい「ワニ口」形状の爪で、粘膜を少し引き上げて切開します。

[写真]

粘膜下層剥離:筋層を確認しながら剥離
把持した粘膜下層を引き上げ、剥離面を視認後切離します。

[写真]

止血:出血点を確実につかむ
出血点を把持しやすい爪で、高周波電流によりピンポイントに止血します。

使いやすさを実現する4つの特長

[写真]

1. 先端形状
先端部の爪の形状は、確実に粘膜組織を把持できる「ワニ口」で、幅も狭い形状です。

[写真]

2. 絶縁性
爪の外表面に絶縁コーティング(*1)を施し、把持部周辺への通電を抑えます。
  • *1:これは絶縁性を保証するものではありません。

[写真]

3. 回転機能
回転追従構造により、先端部の爪が狙った部位に確実にアプローチできます。

[写真]

4. 対応性
爪の長さは、さまざまな状況に対応できるよう異なる2種類を用意しております。

主な仕様

[写真]形状および先端部

販売名 ディスポーザブル高周波はさみ鉗子 DP2618DT
識別子 -35- -50-
鉗子爪長 3.5mm 5.0mm
有効長 1800mm
挿入部最大径 2.7mm
適応鉗子口径 2.8mm以上
入数 1本

この有効長と鉗子口径だけによって選択された機器が、組み合わせのあることを保証するものではありません。

【注意事項】
  • 場合によっては本製品の使用により、外科的手術、穿孔、大出血などにつながる恐れがあります。
    その可能性を十分にご理解いただき、製品付属の添付文書および取扱説明書を読んで使用してください。
  • 外観・仕様については、予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめコンテンツ

内視鏡システムマニュアル
トラブルシューティング、取り扱い方法などをご案内。

開業医向け情報提供サイト「診空間」
デジタル化時代のクリニック経営に不可欠な情報を厳選してご紹介しています。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

医療・ライフサイエンス関連のセミナー・イベントはこちら

関連情報

富士フイルムの技術とノウハウは、医療分野にも生かされています。

FUJIFILMの光学技術とデジタル画像技術によって進化する経鼻内視鏡技術のご紹介。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る