ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT : アプリケーション

 

[画像]3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

基本パッケージ

3Dビューア

[写真]

CT/MRIなどのボリュームデータの3D表示、仮想内視鏡、MPRなどさまざまな表示や計測が可能です。

MPRリフォーマット

[写真]

2D表示上で、直線や扇に沿って断面を作成して、新たな画像として印刷または保存できます。

血管CPR解析

[写真]

血管をはじめとする管腔臓器の中心軸をトレースし、CPR画像を観察できます。大動脈を自動抽出し、血管計測や手術シミュレーションも可能です。

2Dビューア

[写真]

CT、MRIのみならずDICOM画像を並べて表示ができます。MPRだとリアルタイムスタックリコンが可能であり、画像のキャプチャ、保存も可能です。

4Dビューア

[写真]

複数フェーズの画像を読み込み、画像の持つ時間情報に基づいて再生します。また、シネ再生した3D表示を動画として出力します。

ダイナミックデータビューア

[写真]

CT、MRなどで経時的に撮影したデータから、タイムインテンシティ(タイムデンシティ)カーブを観察できます。

フュージョン

[写真]

異なるモダリティの重ねあわせが可能です。信号値同士を差分し、DICOM保存する機能も備えております。

マルチ3D

[写真]

マルチ3Dでは、最大で5シリーズの画像を同一空間に配置して、ボリュームレンダリングした3Dを表示できます。画像間で位置ずれがある場合でも、自動または手動で位置合わせできます。

3D比較

[写真]

別日検査や、異なる時相のCT/MRI画像を3Dで比較読影ができます。臓器抽出や体積比較などにも対応しております。

脳血管抽出

[写真]

造影/非造影の画像を用いて、サブトラクションが可能です。血管のみならず石灰化部位の算出もでき、動静脈の分離も自動でおこなえます。

腹部解析(2D)

[写真]

1断面(2次元)における皮下脂肪、内臓脂肪面積を算出できます。

スライサー

[写真]

椎体の観察などの整形領域を主とした任意断面観察用のアプリケーションです。ボリュームデータからスライスラインを設定することによって、任意断面を作成することができます。

2Dフュージョン

[写真]

2つのシリーズの重ね合わせ画像を作成し、保存することができます。3D画像だけでなく、一枚のみのDICOM画像や、汎用画像などにも対応しています。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る