ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT : 診療科別解析

 

[写真]3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

頭頸部・歯科領域

脳血管抽出

[写真]
造影/非造影の画像を用いて、サブトラクションが可能です。血管のみならず石灰化部位の算出もでき、動静脈の分離も自動でおこなえます。

歯科解析

[写真]
CTで撮影された画像から、歯列に沿ったパノラマ像、歯槽骨断面像を表示し、印刷するアプリケーションです。仮想インプラント留置や、下顎管のマージンチェックも可能です。

パフュージョン(CT/MRI)

[写真]
CT/MRIで撮影された同一断面のダイナミックスキャン画像から、脳血流の動態を解析し、CBV(脳血流量)、CBF(脳血液量)、MTT(平均通過時間)、TTP(造影剤の到達ピーク時刻)を算出します。

4Dパフュージョン

[写真]
全脳CTのダイナミック画像を用いて、脳血流情報を測定できます。脳表抽出や骨・動静脈抽出にも対応しており、3Dや4D画像とのフュージョンも可能です。

開頭シミュレータ/テンソル解析

[写真]
MR拡散強調画像から、テンソル解析を行い、神経線維の経路をトラクトグラフィーにより抽出し、観察できます。
CT画像を主として追加読み込みし、皮膚、骨、脳実質、腫瘍、頭部血管を抽出することで、開頭手術をシミュレーションすることができます。

ADC Map

[写真]
MRIで撮像した拡散強調画像を使用して、ADC Map、eADC Mapの表示、ADC値の計測、疑似カラー表示、ADC Mapと他の画像との重ね合わせ表示ができます。
また、2種類のb値の画像から他のb値の画像を作成するComputed DWIも可能です。

血管CPR解析 頸動脈CPRステージ

[写真]
造影された頸動脈CT画像から自動的に左右の内頸動脈、椎骨動脈を自動抽出し、CPRを表示します。狭窄率の測定(NASCETに対応)や、プラーク解析が可能です。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る