ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT : 診療科別解析

 

[写真]3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

循環器・心血管領域

冠動脈解析(CT・MRI)

[写真]
CT・MRII画像から血管の経路を自動抽出し、冠動脈を評価できます。

心機能解析(CT/MRI)

[写真]
CTやMRIIのシネ画像を用いて、壁厚や局所駆出率などを算出できます。左心室だけではなく右心室の解析も可能です。

石灰化スコア

[写真]
非造影の冠動脈CT画像を用いて、Agastonスコアの算出が可能です。マニュアルの他、自動でのスコアリングも可能となります。レポート出力も簡便におこなえます。

心臓フュージョン

[写真]
心臓フュージョンでは、機能画像と形態画像を重ね合わせて、互いの特長を生かした画像を生成できます。CTだけでなく、MRIIで得られた心機能の情報、遅延造影解析の結果、またはSPECT画像とのフュージョンも可能です。

遅延造影解析

[写真]
MRIの2Dまたは3D法で撮影された遅延造影画像から信号値が高い領域を抽出し、面積を計算して高信号領域のブルズアイ表示、体積測定などを行います。

心筋パフュージョン(MRI)

[写真]
多フェーズのMRIの2Dで撮影された安静時と負荷時のパフュージョン短軸画像を用いて、心筋血流を解析します。

心筋パフュージョン(CT)

[写真]
負荷時(安静時)の4D心臓CT画像から、タイムインテンシティカーブを作成し、MBF(血流量)、MTT(平均通過時間)、MBV(血液量)、TTP(造影剤到達ピーク時刻)、PE・PER(信号値増加量・率) 、QPR(Quantitative Perfusion Ratio)を算出します。またブルズアイを作成し、設定された心筋セグメント内の各種数値を表示できます。

4chamber解析

[写真]
複数の時相で構成されるCT画像から左右心室・心房および心筋の領域を抽出し、心室の駆出率等の心機能パラメータの算出、心室および心房の容積遷移の観察を行うためのアプリケーションです。

大動脈弁解析

[写真]
大動脈弁の各種計測や解析をし、大動脈弁置換術を支援します。

血管CPR解析

[写真]
造影された頸動脈CT画像から自動的に左右の内頸動脈、椎骨動脈を自動抽出し、CPRを表示します。狭窄率の測定(NASCETに対応)や、プラーク解析が可能です。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る