ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT : 診療科別解析

 

[写真]3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

呼吸器領域

肝臓解析(CT)

[写真]
CT画像を用いた肝臓実質のVolumetryを行えます。領域分割や支配領域の抽出も容易に可能であり、離断面表示などの手術シミュレーションも可能とします。

大腸解析

[写真]
CT画像から大腸の経路を半自動的に生成して、仮想内視鏡表示などを仰臥位画像と腹臥位画像を比較しながら観察できます。

鏡視下シミュレータ

[写真]
造影CT画像から各臓器・血管領域を抽出し、その結果に対し仮想内視鏡を用いて3D表示します。
胸腔鏡下・腹腔鏡下の手術シミュレーションができます。

肝臓解析(MRI)

[写真]
MRの多フェーズ造影画像および参照画像を表示します。また、指定した式を用いて、肝臓領域に対して計算して、計算結果を画像表示できます。

仮想超音波

[写真]
CT、MRIのボリューム画像を用いて、三次元空間に配置された仮想プローブを操作し、仮想的な超音波画像の観察ができます。複数フェーズ画像を読み込んだ時にはシネ再生を行いながらの観察が可能です。

腹部パフュージョン

[写真]
CTで撮影されたボリュームのDynamic Scan画像から、腹部領域の動態解析ができます。TBF(組織血流量)、TBV(組織血液量)、MTT(平均通過時間)、TTP(造影剤の到達ピーク時間)を算出し、三次元的に血流の動態を把握できます。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る