ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT : 診療科別解析

 

[写真]3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

放射線科領域

校医学ビューア

[写真]
形態画像であるCT画像と、機能画像であるPET画像またはSPECT画像の重ね合わせて表示できます。SUVまたはカウント%の測定や過去比較などにも対応しています。

画像合成

[写真]
広範囲を撮像し、異なるシリーズとして分離された画像を、画像の位置や向きを調整して単一の画像のように扱い、表示や保存を行えます。例えば、MRIなどで得られた頭部と頚部の連結やMIP処理、異なる手法(TRAとSAG、頭部コイル撮像画像と腹部コイル撮像画像など)で得られた画像の統合、連結が可能です。

ADC Map

[写真]
MRIで撮像した拡散強調画像を使用して、ADC Map、eADC Mapの表示、ADC値の計測、疑似カラー表示、ADC Mapと他の画像との重ね合わせ表示ができます。
また、2種類のb値の画像から他のb値の画像を作成するComputed DWIも可能です。

IVIM Map

[写真]
MRで収集した拡散強調画像の信号値の情報から、見かけの拡散係数と還流を考慮した拡散係数を同時に計算して、画像化するアプリケーションです。

Tx Map

[写真]
肝臓、膝などの部位をマルチエコーで撮像した画像から、各種Tx値を計算し、カラーマップ表示が可能です。

オンコロジービューア

[写真]
CT、MRI画像を主とした計測、およびPET画像を主としたSUV計測が行えます。
それらの病変は、RECIST1.1、PERCIST1.0などの基準によって評価が可能です。

乳腺解析

[写真]
乳腺MRIの画像解析が可能です。
各時相における信号値の変化を表現した画像、Kinetic Curveの作成、腫瘍の3次元抽出、および造影パターンの比率表示をおこないます。

IVRシミュレータ

[写真]
術前CT等を用いて、3D仮想透視画像を簡便に作成できます。目的部位、アプローチルートと椎体等の位置関係の把握が容易になります。Working angleの術前検討や、緊急IVR時の経路検索などにお役立ていただけます。


4Dフロー

[写真]
MRIから血流の速度、方向を計算し、三次元表示をおこないます。強度画像から作成した血管領域に3種類の位相画像から計算した速度、方向情報を重ねて表示します。血流の観察や指定したROIに対する速度情報を計測できます。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る