ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT : 機能・特長

 

[画像]3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

解析精度のクオリティ

[写真]富士フイルムの画像解析技術を用いて、高精度な3次元画像を作成

富士フイルムの画像解析技術を用いて、高精度な3次元画像を作成

富士フイルムの画像解析技術を応用

画像解析技術を応用し、長年蓄積された画像データベースを用いて、CT・MRIに対し、目的に応じた人体の部位を判定。撮影条件や信号値に大きく依存しない臓器の抽出結果を提供します。

操作・運用のクオリティ

[写真]

誰でもどこでもハイクオリティな画像処理

分かりやすいGUIと無駄のない操作で、誰でもスピーディに画像作成が可能。今回、メモリの拡充により、画像処理力がさらに向上しました。

さらに幅広い診療シーンに適応する3D解析へ

解析に関わるアプリケーションや画像データの処理能力を大幅に拡充し、さまざまな領域において診療の精度向上、迅速化に貢献します。

SYNAPSE VINCENT Version 5の特徴

放射線科領域のアプリケーションを強化

[図]オンコロジービューア/乳腺解析

SYNAPSEとのシームレスな連携が可能になり、最適なボリューム読影環境を提供します。過去比較、MRI画像での非剛体位置あわせが可能となり、放射線科領域でVINCENTを広く活用いただけます。

診断支援に加え術前計画支援も充実

[図]サーフェス編集/気管支鏡シミュレータ 仮想内視鏡サーフェス表示

空間把握の行いやすいサーフェス表示の適用範囲を拡大。
サーフェス編集機能により、解析結果をSTLや3D PDFの形式で簡単に出力(*1)できます。
*1 STLや3DPDFファイルは患者説明用です。


システム拡充で幅広い活用が可能に

[図]

ハードウェア性能向上に伴う同時接続数の増加、またメモリ管理におけるソフトウェア改良により、従来のシステムと比較して快適な動作環境を提供します。


診断から術前計画まで支援する、豊富な解析アプリケーション

【診断支援】オンコロジービューワ

[図]

異なるモダリティの比較読影から、RECIST、PERCISTなどの評価尺度を使用した腫瘍評価も可能です。

【診断支援】コンソールビューワ

[図]例:冠動脈解析(CT)と心臓フュージョンを統合したレイアウト

スナップショット保存された複数の解析データを、統合的に表示し、読影診断のサポートをおこないます。


【術前計画支援】鏡視下シミュレータ

[図]

造影CT画像から各種臓器を抽出し、仮想内視鏡表示、ポート位置・鉗子シミュレーションが可能。肝臓解析などとの連携でより迅速に解析できます。

【術前計画支援】血管CPR解析

[図]

血管内腔を自動で抽出し、CPRを生成。大動脈CPRステージでは、テンプレート機能を使用して術前に計測したい血管径や長さを自動検出し、レポート化が可能です。


ハイレベルな画像抽出と術前シミュレーション

簡単操作で的確な画像を描出。幅広い領域をカバーする解析技術にもとづき、さまざまな術前シミュレーションも行えます。

1クリックで素早く、高精度に画像を提供

冠動脈抽出

[図]冠動脈低管電圧撮影画像(Ver. 4.6)/冠動脈低管電圧撮影画像(Ver. 5.0)

CT/MRI画像から、冠動脈領域の自動抽出・ラベリングを実行。冠動脈抽出の精度が向上し、より末梢までの描出に対応しました。また、静脈の過抽出の軽減を実現しました。

頸動脈抽出

[図]

内頸動脈・椎骨動脈のCPR自動作成や、ラベリングが可能です。高い内径輪郭抽出精度で、狭窄部位の評価が簡便に行えます。

肺動静脈抽出

[図]

複雑な肺動脈・肺静脈を造影1相データから自動抽出します。


多岐にわたる術前シミュレーション

開頭シミュレータ/テンソル解析

[図]

トラクトグラフィーとCT、MRI、XA画像等で作成された臓器情報を重ね合わせて表示し、開頭シミュレーションが行えます。サーフェス表示、STL出力が可能です。

肺切除解析

[図]

肺切除術の術前シミュレーションが可能です。肺動静脈や気管支など、高精度な臓器の自動抽出機能が特徴です。


腎臓解析

[図]

腎部分切除術の術前シミュレーションが可能です。核出術シミュレーションの他、阻血領域(目安)の算出、腎皮質の体積測定、大腰筋抽出などが行えます。

肝臓解析

[図]

肝切除術の術前シミュレーションが可能です。血管支配領域(目安)の計算や核出術シミュレーションなど実際の手術に即した解析機能が特徴です。


安全・安心のクオリティ

[写真]

スピーディーなサポート&サービス

全国40か所以上のサービスセンターとテクニカルサポートセンターの連携により、点検・修理・部品保障など最適なサポートとサービスをお届けします。

富士フイルムならではの、フルサポートメニュー

電話お問い合わせ対応

[図]

お客さまの技術的なお問い合わせにおこたえします。

ソフトウエアサポート

[図]

保守期間中、ソフトの無償バージョンアップを行います。


ハードウエアサポート

[図]

ハードウエアの点検、修理、部品保証などをご提供します。

リモートメンテナンス

[図]

遠隔操作による各種サービスを実施します。(サーバータイプのみ)


モニターQCサービス

[図]

モニターの品質管理を代行します。(オプション)


スピーディーなオンラインヘルプ

いま行っている操作に連動したヘルプをリアルタイムに表示します。ページ内検索・ヘルプ内検索にも対応し、疑問にすぐお答えできるシステムをご提供します。

[図]ヘルプ内検索が可能/詳細な機能に対応した解説

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る