ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


統合診療支援プラットフォーム 統合データファイリングシステム CITA Clinical Finder : 事例

 

[画像]統合診療支援プラットフォーム 統合データファイリングシステム CITA Clinical Finder

CITA Clinical Finderを中心に、統合データファイリングシステムや診療支援ドキュメントシステム「Yahgee」、富士フイルム製部門システムや、他社システムも含めて接続することで、診療データの統合化が可能です。目的やコストを絞った小規模構成から、大病院のフル・デジタル化を実現する大規模構成まで柔軟に対応します。

診療データ統合の事例(富士フイルム製部門システム連携)

[図]

データ種類 接続対象システム、機器 データ形式
検体検査 電子カルテシステム、オーダリングシステム 数値
放射線部門 PACS、3DWS、レポートシステム 画像はDICOM、レポートはXML、PDF
生理検査部門 生理検査システム 画像はDICOM、波形はメーカー独自形式、PDF
内視鏡部門 内視鏡ファイリングシステム 画像はDICOMまたはJPEG、レポートはXML、PDF
自科検査 外来/病棟/手術室の超音波、内視鏡など 画像はDICOMまたはJPEG
眼科 視力、眼圧、スリットランプ、眼底カメラなど ORT検査は数値、画像はDICOMまたはJPEG
※ORT検査はYahgeeが必要です。
耳鼻科 ファイバー、オージオメーターなど 画像はDICOMまたはJPEG、聴力検査はPDFなど
診療文書 Yahgee、電子カルテシステム Yahgee形式または、PDF

フル・デジタル化統合診療支援の事例

[図]

診療業務支援ドキュメントシステム「Yahgee」との連携事例

CITA Clinical Finderは、診療業務支援ドキュメントシステム「Yahgee」ともシームレスに連携可能です。院内で作成された各種の診療文書をそのまま表示し、そこからすぐに編集することもできます。スキャンオプションと組み合わせると、電子文書もスキャン文書も統合的に管理することができます。

[図]

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカルITソリューションズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルムメディカルITソリューションズ株式会社 03-6427-1802
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る