ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


統合診療支援プラットフォーム 統合データファイリングシステム CITA Clinical Finder : 機能・特長

 

[画像]統合診療支援プラットフォーム 統合データファイリングシステム CITA Clinical Finder

CITA Clinical Finderが提供するソリューション

[図]

病院経営支援

組織横断的な情報共有、業務標準化の推進に活用でき、入院基本料の要諦でもある感染や褥瘡対策、栄養管理など多部署にまたがる組織横断的な取り組みを実現し、保険診療対策を支援します。また、部門システムのワンストップ提供により、初期導入・運用コスト削減にも貢献します。

医療の質の向上

部門や業務を超えた情報共有、コミュニケーションを実現するチーム医療支援環境を提供。診療プロセス追跡により、効率的な医療の提供や、インシデント防止にも役立ちます。

医療者の支援

あらゆる診療データの中から、必要な時に最適な情報を参照できる統合ビューアや、情報入力・参照のさまざまな便利機能で、医療者の負担軽減、リスクの軽減に寄与します。

医学研究の貢献

蓄えられたすべての情報はデータベース化され、二次利用が可能。サマリや、各種のレポート・診療文書、検査結果や病名、カルテ記事などさまざまな情報を、診療データベースとして活用する事ができます。

統合診療支援プラットフォーム

多くの診療データを一元的に管理し、簡単な操作で患者ごとに表示すること、画像だけではなく、波形や文書、数値も同じように管理すること、長期間にわたる診療情報を保存し継時的な変化を表示すること。何れも病院内の電子データを幅広く統合しなくては実現できない事です。CITA Clinical Finderは、柔軟に広範囲にデータ発生源となる各システム、各医療機器と接続・連携し、状況に応じてオンデマンドで有用な情報を表示・活用する事ができます。

[図]

患者の全体像を素早く把握

ガジェット構造によるポータル画面で、さまざまな診療場面に対応。

患者リストやメール、カレンダー(スケジュール)などの業務機能をはじめ、検査画像や所見レポート、心電図、3D画像、動画などの患者の診療情報を、一つ一つの機能別フレーム(メディカル・ガジェット)として、ディスプレイ上に自由にレイアウトし、閲覧者ごとのポータル画面を作ることが出来ます。例えば、術前の検査データ、術中の麻酔記録や映像を一つの画面上に表示し、術後のリスク管理や次の診療計画など、横断的な診療ワークフロー環境を提供します。

[図]

統合診療支援ポータル

さまざまな検査結果や文書を統合し、時系列、種別毎、診療科毎に表示。

CITA Clinical Finderでは、診療情報や診療プロセスの全体像を把握するためのさまざまな機能を、メディカル・ガジェットとして提供しています。タイムラインガジェットは、長期の時間軸に沿って、診療データ全体を俯瞰して参照することができ、外来診療や入院初期の段階における患者の全体像の把握に役立ちます。サムネイルガジェットでは、サムネイル形式で表示された診療データを発生日や分類で並べ、より直感的に実データへアクセスすることができます。そのほか、画像や波形表示ガジェット、文書ガジェット、検体検査結果や処方・注射ガジェットなど、多数を取り揃えております。

情報全体を俯瞰することを可能にしたタイムラインガジェット

タイムラインガジェットを起点として、さまざまなデータにアクセスすることができます。
文書、画像、心電図など波形情報も参照可能で、過去からの時系列比較、他検査との比較など、診療スタイルにあった参照が可能です。任意の検体検査項目の時系列表示やグラフ表示も可能で、患者の状態変化も把握しやすくなっています。

[図]

診療シーンに応じて自由にレイアウトできるガジェット構造

[図]

柔軟に組合わせる事で、診療情報の効率の良い活用を可能にします。

さまざまなメディカル・ガジェット群

[図]

  • 検体検査ガジェット
  • 患者リストガジェット
  • 処方ガジェット
  • 注射ガジェット
  • カルテ記事ガジェット

自科検査ファイリング、タイムスタンプ、集中・分散スキャン

自科検査やデジカメ画像も簡単にファイリング、スキャン文書はタイムスタンプで原本化可能。

自科検査映像キャプチャ装置構成図

[図]

  • 静止画/動画でのキャプチャに対応。
  • 高機能映像コンバーターで、高画質のキャプチャが可能です。デジタル入力信号にも対応します。
  • デジカメなどの画像ファイルの直接取り込みも可能。
  • タブレット端末での撮影に対応し、高い可搬性、操作性を提供します。

タイムスタンプ・電子署名について

[図]

  • 最新の国際標準規格「PDF長期署名(PAdES)」を用い、数十年に渡り原本性を確保できるスキャンシステムです。
  • PDFファイルの1ファイル毎に確実にタイムスタンプを付与し、原本性を確保します。また、無償ソフトであるAcrobat Readerで検証が可能です。
  • 電子保存ガイドラインの「9診療録などをスキャナなどにより電子化して保存する場合について」および「6.12法令で定められた記名・押印を電子署名で行うことについて」に記載のある、「長期署名」に対応します。

スキャン機能

[図]

[図]


富士フイルム製品にはダイレクト接続

[図]

富士フイルム製の画像系部門システムなら直接連携が可能。

「SYNAPSE」や「NEXUS」を始めとする富士フイルム製品の部門システムには、クライアントアプリケーションから各システムのサーバーへダイレクトに接続し、サーバー間の大量の画像データ転送に伴うネットワークトラフィックの軽減や、トータルのディスク容量の削減を可能にします。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカルITソリューションズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルムメディカルITソリューションズ株式会社 03-6427-1802
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る