ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士ドライケム IMMUNO AU10V : 機能・特長

 

[画像]富士ドライケム IMMUNO AU10V

T4・TSH(*1)・COR(*1)・TBAが1台で簡単に院内測定可能

[写真]富士ドライケム IMMUNO AU10V

T4(イヌ・ネコ)、TSH(イヌ)迅速測定による甲状腺機能検査、COR(イヌ)迅速測定による副腎皮質機能検査、TBA(イヌ・ネコ)迅速測定による肝臓機能検査を効率的におこなえる免疫反応測定装置。卓上タイプの検査装置で、簡便、迅速でありながら、検査センターで使用されている測定法と良好な相関のある測定値を提供します。

*1 イヌのみ測定可能

富士フイルムの技術で測定感度維持と時間短縮を実現

富士フイルムの技術を組み合わせ、小さなカートリッジ内で表面プラズモン蛍光測定により、T4、TSH(*1)、COR(*1)、TBA測定に必要な測定感度と測定時間の短縮を実現。金薄膜上の表面プラズモンによって増強された蛍光物質のみを検出することで、余分な蛍光物質を洗浄するためのB/F分離(*2)を不要。簡単に使える、院内検査に適した分析装置です。

[図]試薬カートリッジ

  • *1 イヌのみ測定可能
  • *2 B/F分離:「抗体と結合した物質」(Bound)と、「結合しなかった遊離の物質」(Free)を分離すること。

信頼に応える高精度な検査

卓上タイプの検査装置でありながら、検査センターで使用されている大型装置との高い相関性を示しており、いずれの項目でも高精度な検査結果を提供します。
右記のグラフはCLEIA法(*1)(T4・TSH(*2)・COR(*2))、酵素サイクリング法(TBA)と比較した結果です。

[図]グラフ

  • *1 CLEIA:Chemiluminescence Enzyme Immunoassay(化学発光酵素免疫測定法)
  • *2 イヌのみ測定可能

短時間測定で、すぐに結果確認

[図]結果まで約10分

SPF(*1)技術の採用により、洗浄が不要。スタートボタンを押してから、約10分という短時間で結果を出すことができ、素早い診断・治療をサポートします。また、モニタリング結果もすぐに確認でき、その後の処置に生かすことができます。

  • *1 SPF:Surface Plasmon Fluorescence(表面プラズモン蛍光)

B4サイズで、らくらく設置

[図]B4サイズで、らくらく設置

卓上タイプのB4サイズだから、院内でスペースが確保できない場合でもらくらく設置。給排水設備も不要で、手軽に導入できます。

2ステップの簡単測定

試薬をセットしスタートボタンを押したら、あとは結果を待つだけの簡単測定。 QRコード(*1)による自動校正で、面倒なキャリブレーションも不要です。2ステップのシンプルな操作で、手軽に検査が行えます。

[図]2ステップの簡単測定

  • ※富士ドライケム7000V「Z」・NX500Vシリーズなどの生化学多項目測定機とオートチップ、検体容器(富士チューブ)が共用可能。
  • *1 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ"
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る