ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

レーザー干渉計(計測機) アクセサリー

 

ラインアップ

用途に合ったアクセサリーで、さらに使いやすく。

平面測定システム

球面測定システム

特型スタンド

[写真]

測定できるレンズの範囲を広げることができます。
(Z方向移動量:360mm)

長軸スタンド

[写真]

被検体の高さがある場合(240mm以下)、またはビームコンプレッサを付ける場合、標準のスタンドに代えて使用します。

簡易防振台

[写真]

振動が多い場所で、揺れが気になる場合有効です。(解析装置を使用する場合には、専用の防振台をお勧めします)

ビームコンプレッサ+二軸調整台

[写真]

TVモニター上の画面を2倍に拡大します。被検体の面積が小さい場合に有効です。
(外径φ5~25mm程度の被検体に適応)

基準板(各種サイズに対応)

[写真]

【低反射基準板】反射率約4%、ガラス・プラスチックなどの反射率が低い被検体の場合使用
【基準反射板】反射率約4%、透過波面計測に使用(裏面がスリ面)
【超低反射基準板】反射率約0.1%、F601LRと組み合わせて使用
【高反射用基準板】反射率約60% ~100%の被検体の場合使用
※基準反射板、超低反射基準板はF601用のみとなります。

基準レンズ

[写真]

レンズの曲率半径と口径によって適当なレンズを選定します。
【F601】 F0.6 F0.7 F1.0 F1.4 F2.0 F2.8 F5.6

解析キット

[写真]

縞解析装置を接続するためのパーツです。

減衰膜

[写真]

解析装置を使って反射率の高い球面を測定する場合必要です。(平面の場合は高反射用基準板を使用してください)

モニタースタンド

[写真]

※モニターは含まれません。

お問い合わせ・資料請求

富士フイルム(株)として干渉計の販売は代理店からになります。ご購入についてのご相談は、販売代理店である株式会社ナガタもしくは株式会社マブチ・エスアンドティーが窓口となります。

電話でのお問い合わせ
株式会社ナガタ 0266-22-4592
株式会社マブチ・エスアンドティー 0266-41-0001
製造元連絡先:富士フイルム株式会社 048-668-2146
Webでのお問い合わせ

株式会社ナガタ

お問い合わせフォーム

株式会社マブチ・エスアンドティー

お問い合わせフォーム

製造元連絡先:富士フイルム株式会社

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

富士フイルム(株)として干渉計の販売は代理店からになります。ご購入についてのご相談は、販売代理店である株式会社ナガタもしくは株式会社マブチ・エスアンドティーが窓口となります。

電話でのお問い合わせ
株式会社ナガタ 0266-22-4592
株式会社マブチ・エスアンドティー 0266-41-0001
製造元連絡先:富士フイルム株式会社 048-668-2146
Webでのお問い合わせ
株式会社ナガタ
お問い合わせフォーム
株式会社マブチ・エスアンドティー
お問い合わせフォーム
製造元連絡先:富士フイルム株式会社
お問い合わせフォーム


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る