ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

レーザー干渉計の操作方法

 

干渉計G102/解析装置A1の操作方法

[写真]

まずは干渉計の操作です。ツマミで明るい点が中心にくるように基準板の光軸を合わせます。


[写真]

サンプルを計測台に載せます。


[写真]

サンプルの傾きを調整します。


[写真]

画面を切り替え、同じツマミで干渉縞がなるべく少なくなるように合わせます。これで調整は終了です。


[写真]

次に解析装置の操作です。測定範囲を指定します。


[写真]

測定ボタンをクリックするだけで約5~6秒で結果が表示されます。


お問い合わせ・資料請求

富士フイルム(株)として干渉計の販売は代理店からになります。ご購入についてのご相談は、販売代理店である株式会社ナガタもしくは株式会社マブチ・エスアンドティーが窓口となります。

電話でのお問い合わせ
株式会社ナガタ 0266-22-4592
株式会社マブチ・エスアンドティー 0266-41-0001
製造元連絡先:富士フイルム株式会社 048-668-2146
Webでのお問い合わせ

株式会社ナガタ

お問い合わせフォーム

株式会社マブチ・エスアンドティー

お問い合わせフォーム

製造元連絡先:富士フイルム株式会社

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

富士フイルム(株)として干渉計の販売は代理店からになります。ご購入についてのご相談は、販売代理店である株式会社ナガタもしくは株式会社マブチ・エスアンドティーが窓口となります。

電話でのお問い合わせ
株式会社ナガタ 0266-22-4592
株式会社マブチ・エスアンドティー 0266-41-0001
製造元連絡先:富士フイルム株式会社 048-668-2146
Webでのお問い合わせ
株式会社ナガタ
お問い合わせフォーム
株式会社マブチ・エスアンドティー
お問い合わせフォーム
製造元連絡先:富士フイルム株式会社
お問い合わせフォーム


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る