ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ASTOTS(アスタッツ)とは

 

ASTOTS(アスタッツ)は富士フイルムが取り扱う、高濃度・無味/ 無臭のアスタキサンチン製品シリーズです。
(“ASTOTS”は富士フイルム株式会社が製造販売するアスタキサンチンの登録商標です。)

オイル製品(脱臭/未脱臭)、粉体製品、乳化製品など、性状やアスタキサンチン含有量ごとにラインアップを取りそろえております。

アスタキサンチンは、天然由来成分の中で、強い抗酸化能を有するといわれ、サプリメント・一般食品分野・化粧品分野において大きな発展の可能性を秘めています。アスタキサンチンについては以下をご覧ください。

アスタキサンチンとは

「アスタキサンチン」は自然界に広く分布している天然由来の抗酸化成分で、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種です。

[写真]

ヘマトコッカス藻あるいはオキアミを原料とした「アスタキサンチン」が、機能性食品の原材料として使われています。トマトのリコピンやニンジンのβ‐カロテンなどのカロテノイドが活性酸素を消去する「抗酸化作用」を持つ成分として知られていますが、「アスタキサンチン」は、これらのカロテノイドよりも強い抗酸化作用をもつ成分として注目されています。当社はこれまでに、「アスタキサンチン」が、CoQ10の約1000倍以上(*1)の一重項酸素の消去能を持つことを実証してきました(*2)。

このほか、「アスタキサンチン」には眼精疲労の回復作用(*3)や筋肉疲労の回復作用(*4)などさまざまな効果効能があることが報告されています。

*1 CoQ10(酸化体)に対して1000倍以上。CoQ10は、人の細胞中に存在する補酵素で、細胞を活性化させ人体のエネルギー生産に不可欠な成分。抗酸化作用により、活性酸素を除去する働きもあると考えられ、肌美容への効果も期待されています。
*2 当社調べ J. Mori, H. Yokoyama, T. Sawada, Y. Miyashita and K. Nagata, Mol. Cryst. Liq. Cryst. 580 (1), 2013, 52-57
*3 ピント調節力が改善する(富山医科薬科大学眼科による試験)、ピント調節にかかる時間が短い(藤田保健衛生大学眼科による試験)などが報告されています。
*4 澤木啓祐「アスタキサンチンのスポーツパフォーマンスにおよぼす影響」臨床医薬、18、1085、2002で運動選手の筋肉疲労回復が早まるなどが報告されています。

アスタキサンチンの分類と構造

)アスタキサンチン(astaxanthin、IUPAC名: 3,3′-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4′-ジオン)は、β-カロテンと類似した構造のカロテノイドで、両端のシクロヘキセン環部位の3および3’位にヒドロキシ基(-OH)、4および4’位にカルボニル基(-C(=O))を持ち、ルテイン、ゼアキサンチン、カンタキサンチンなどと共に、キサントフィル類に分類されます。分子式はで、異性体とし(3R,3’R)体、(3R,3’S)体、(3S,3’S)体が3および3’位のヒドロキシ基の位置により、cis-型, trans-型が分子中央部にある鎖状の構造中に存在する共役二重結合により存在します。

[図] アスタキサンチンの分類と構造

)アスタキサンチン(astaxanthin、IUPAC名は 3,3′-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4′-ジオン)は、生物界に広く存在するアスタキサンチンは、種々な生物の体表、筋肉、組織に蓄積し、鮮やかな赤色を発現させますが、単純な色素としてだけでない特性が論文などで報告されています。

  1. オキソ基、水酸基、ポリエンを持つ分子構造となっており、親水性および疎水性の性質がある。
  2. 強い抗酸化力を発揮し、フリーラジカルや活性酸素を捕捉、消去する。一重項酸素の消去能は、ビタミンEの100~550倍、β‐カロテンの10~40倍、過酸化脂質過酸化抑制活性は、ビタミンEの100~1000倍の効果があり、天然物質では最強の抗酸化力を発揮すると言われている。
  3. 血液脳関門を通過し、脳細胞において抗酸化力を発揮する。これらのような特徴から、養殖魚の色揚げ程度の利用であったアスタキサンチンは、近年ではその抗酸化能が期待され、健康食品や化粧品など、人間にも応用され、話題となっています。

アスタキサンチンの分布

アスタキサンチンはエビ・カニなどの甲殻類を加熱すると赤くなる現象や、サケのいわゆる「サーモンピンク」の色素としてよく知られていますが、これらに限らずさまざまな生物に分布しています。

主に水生生物を中心として、微生物から高等動物まで広範囲に分布していますが、中でも H. pluvialis が最も高濃度にアスタキサンチンを蓄積すると言われ、3~5%(乾燥藻体として)になります。また甲殻類などではタンパク質と結合したクラシタシアニンの状態でも存在し、このクラシタシアニンが加熱によるタンパク質の熱変性によってアスタキサンチンが遊離し、生では褐色のエビ・カニが赤くなる、というよく知られた現象が起きることになります。

アスタキサンチンの生合成と食物連鎖

アスタキサンチンの生合成は、アセチルCoAを起源としてメバロン酸経路により合成されたイソペンテニルピロリン酸およびジメチルアリルピロリン酸を元にフィトエンが生合成されます。フィトエンは、植物の生体内で合成される最初のカロテノイドです。さらにβ-カロテンを経てアスタキサンチンが合成されます。動物はカロテノイドを直接合成することはできませんが、摂取した餌料生物中のカロテノイドを目的に応じてほかのカロテノイドに代謝(酸化・還元など)・蓄積することはできます。水圏における極微小の植物プランクトンも、このような経路によってクロロフィル類或いはフィコビリプロテイン類(蛍光色素)やキサントフィル類(色素)を生合成し、生体内に蓄積します。カイアシ類(Copepod)およびオキアミなど動物プランクトンは、これらプランクトンを捕食し、生体内にカロテノイド類を蓄積します。これら動物プランクトンは、水棲生物の最も基本的な餌となっており、食物連鎖によってより上位に位置する魚類、甲殻類などの生物はカロイド類を体内に蓄積させます。陸上生物の鳥類では、フラミンゴは微細藻類を、ショウジョウトキは魚類・甲殻類などの小動物を捕食し、これらの餌料生物に含まれるアスタキサンチンを蓄積させ、鮮やかな赤色を醸し出しています。

生体内での存在意義

生体内でのカロテノイドは、体色を発現する「色素」以外にも複数の機能を持っています。その中でも、最も注目されているのが、抗酸化作用です。通常、生物の代謝によって数種類のラジカルが発生しますが、生物の細胞内物質、特に細胞膜などを構成している不飽和脂肪酸は、このラジカルにより過酸化反応を受け、さまざまな影響を生体に与えます。しかし、いくつかのカロテノイドはこの反応を抑制する機能を持っていることが明らかになっています。中でもアスタキサンチンは最も抗酸化能が高いといわれています。このことが広範囲の生物に分布する要因と推測されます。

お問い合わせ・サンプル請求

アスタキサンチン材料のサンプル請求および各種お問い合わせは、(株)富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーで承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。

電話でのお問い合わせ
株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー
アスタキサンチン原料事業部
042-339-8920
Webでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

※富士フイルム株式会社はアスタキサンチン工業会 に加盟しております。
※富士フイルム株式会社はAlgatechnologies社 の原料を輸入・独自加工し販売しております。
※“ASTOTS”は富士フイルム株式会社が製造販売するアスタキサンチンの登録商標です。

お問い合わせ

アスタキサンチン材料のサンプル請求および各種お問い合わせは、(株)富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーで承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。

電話でのお問い合わせ
株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー
アスタキサンチン原料事業部
042-339-8920
Webでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る