ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FCR AC-7 HR/ST システム

FCR AC-7 HR/ST システム
トップ 機能・特長 システム構成 活用事例 消耗品 主な仕様
見えなかったものが、見えてきた。可能性を拡げるX線検査ソリューション。

IXフィルム法では大幅に手間のかかっていたX線検査も、FCRによるフルデジタル化で素早く結果が得られるようになります。
高解像度・高画質化、デジタル化によるIT対応、環境への配慮などにより、X線検査のあらゆるニーズにこたえることが可能です。

事例1 肉厚差の大きな鋳造品を一度で高精細に画像化
アルミニウム鋳造品 自動車用の肉厚な鋳造部品の撮影
課題

肉厚差のある鋳造部品の透過検査の場合、部位ごとに微妙な管電圧調整が必要。通常のX線フィルムでも薄い部分と厚い部分に分けての複数回または複合フィルムでの撮影が必要だった。

FCRで解決

広ダイナミックレンジのIPは、肉厚差のある鋳造部品も一度の撮影でOK。画像が一枚で済み、エッジ部もハレーションなしで高精細に表示、検査の効率と精度が向上。

事例2 大きな部材も隅々までクリア。全体確認が容易
高密度電子基板 マイクロフォーカス装置での拡大撮影
課題

X線透過検査では、モニタ中央部分に比べ周辺部がボケたり、1回での撮影領域が狭いなど、システムによって大きな部材の検査には予想以上の時間が掛かるケースがあった。

FCRで解決

レーザー読取のFCRなら、最大35.4×43.0cmのIPサイズをフルに使っても四隅までクリアな画像が取得可能。大サイズの検査体や高密度の大型電子部品でも細部の検査が容易。

事例3 保温材を外さず配管撮影。軽量・フレキシブルなIPは現場撮影が得意
プラント配管 保温材を巻いた状態での撮影
課題

工場設備や配管、鉄道・高速道のコンクリート構造物などの検査は現場撮影が基本であり可搬性や曲面対応が必要。さらに、保温材を巻いた配管では着脱の手間や人体・環境への影響も懸念された。

FCRで解決

軽くてフレキシブルなX線ディテクターのIPは狭い・高い・難しい現場に最適、ガンマ線にも適性有り。保温材を外さず配管のX線透過検査ができ、人体や環境にもやさしい。

事例4 高解像度読取と高度な画像処理により、微細な欠陥を確実にキャッチ
航空機用ジェットエンジンのタービンブレード
検査精度の高さが要求される特殊合金部品の検査
課題

高耐熱性、高効率化で複雑になったタービンは微細な欠陥も致命傷となる。デジタルを利用した100μmの精度では発見できない欠陥もあり、高精細化が求められていた。

FCRで解決

高い精度が求められる精密部品の検査にも、50μmの高解像度と独自の画像処理エンジンにより画像の視認性が向上。FCR検査フィールドが広がった。

事例5 遠隔地や、製造現場と研究所間における画像情報の共有化
ネット送信/IP送付 画像情報の共有と多元的評価
課題

開発部材や製造初期の検査では、実際の撮影画像を基にしたスピーディーな多元的評価がポイント。他部署や他工場など離れた場所で画像情報を共有化したい。

FCRで解決

FCRなら画像を汎用フォーマットで遠隔地へネット送信でき、多元的評価による検査精度向上が図れます。また、遠隔地や他工場で撮影したIPを遮光袋などに入れ、FCR設置場所へ送っての画像化も可能。

資料請求・お問い合わせについて
製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。
富士フイルム(株)
産業機材事業部 NDTグループ

Webからのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る