ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FIP7000(自動現像機)

 

[写真]FIP7000(自動現像機)

基本情報

現像から乾燥まで5分を実現した高性能X-レイフィルムプロセサー。

FIP7000は、非破壊検査における精度と作業効率の向上を一挙に実現する、工業用X-レイフィルム専用の大型自動現像機です。富士フイルム工業用X-レイ処理システム(富士フイルム工業用X-レイフィルム・処理薬品スーパードール・スーパーF との組み合わせ使用)は、現像から乾燥までの“5分処理”が可能となり、常に均一で最高の画質が得られます。 (機構面でも斬新なアイデアを取り入れ、省資源・低騒音化を実現しました。)もちろん、従来の11分処理でも使用できます。

製品名 FIP7000
外形寸法 長さ 802mm(挿入台、乾燥カバーを含めると1165mm)、幅 800mm、高さ 1200mm
電源 3相3線 AC200V 50/60Hz 20A
重量 本体のみ302kg、処理液込378kg
製品カタログ FIP7000 (PDF:2.4MB)

画質を向上させる処理機構

処理ラックの材質は、耐薬品性を考えて、特殊合成樹脂および高品質のステンレスを採用。現像タンク容量が大きく現像液の安定性も抜群です。さらに、現像液は、対流循環方式の採用により、非破壊検査の要求を満たす、高品質な写真を作ります。


作業効率がさらにアップ、オートフィーダー取付可能

オートフィーダー IX-L4

FIP7000にフィルムを自動的に送り込む専用機器「オートフィーダー」を取付けることにより、送り込み作業にかかわる時間が大幅に短縮されます。


省エネルギーを実現するオートセイビング機能

フィルム処理時以外は、オートセイビング機構により、水洗・乾燥系が自動的に断続運転となり、電気・水道代のムダをなくしました。

静かな作業環境を生みだす乾燥機構

新設計のファンと新機構により、運転音が56db(A特性)と、従来の自現機に比べて処理運転時でも極めて静かです。さらに、スリットパイプ吹付け方式の採用により乾燥能力も向上し、消費電力を少なくしました。

均一な仕上がりを可能にしたCPU制御

CPU制御により、処理プロセスを正確にコントロール。常に高品質で、均一な仕上がりが保証されます。

見やすく使いやすい操作パネル

操作パネル上のタッチキー操作により運転条件(2条件)が選べます。各処理条件もタッチキーを操作し簡単に変更できます。LCDディスプレイにより自現機の状態、各種情報(エラーメッセージ他)を表示します。処理部温度(現像、定着、乾燥)が設定温度になるとREADYランプが点灯表示され、処理“OK”の状態が一目でわかります。


処理工程を管理する検出部

フィルムを挿入すると、光電検出の働きで、現像・定着液を補充し、乾燥ファンとヒーターを働かせます。フィルム後端が通ると、ブザーを鳴らし、挿入が終わったことを知らせます。また、この時点よりオートセイビング機構が働き、所定の動作を進めます。

より安全にご使用いただくための安全性向上

処理部安全インターロック機構の採用、部品・材料の耐熱性アップなどにより、さらに安全性を向上しました。

お問い合わせ・資料請求

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。

富士フイルム(株)
産業機材事業部 NDTグループ
Webでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。

富士フイルム(株)
産業機材事業部
NDTグループ
Webでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る