ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

工業用X-レイフィルム

 

[写真]工業用X-レイフィルム

自動現像処理では、最短で5分処理が可能(*1)。用途に応じて選べる多彩なラインアップです。

富士フイルム工業用X-レイフィルムは、IX25からIX150など各種フィルムが準備されており、感度・コントラスト・鮮鋭度・粒状性などに優れた特性を持っています。使用目的と被写体の種類に応じて使い分けることにより、高画質の工業用X線写真を作ることができます。

  • *1:IX25は自動現像機処理専用で、5分処理には対応していません。また、乾燥温度は5~10度高くしてお使いください。

種類と特長

フィルム品種 適用例 特長
IX25
  • ファインセラミック部品
  • 薄肉溶接部
  • 電子部品
極超微粒子、超高コントラスト、卓越した高鮮鋭度のフィルムです。非常に微細な欠陥あるいは内部構造の検出に有効。一般にはダイレクトまたは鉛箔増感紙が使用されます。(このフィルムは自動現像機処理専用です。また乾燥温度は5~10℃高めにしてお使いください)
IX50
  • アルミ(合金)鋳造品
  • アルミ(合金)溶接部
  • 電子部品
極超微粒子、高コントラスト、高鮮鋭度に設計されたフィルムで高度の検出力を持っています。アルミニウムなどの軽合金の撮影に適し、一般にはダイレクトまたは鉛箔増感紙で撮影します。
IX80
  • アルミ(合金)鋳造品
  • アルミ(合金)溶接部
  • 鋼溶接部
極超微粒子、高コントラスト、高鮮鋭度に設計されたフィルムで、微細な欠陥部の検出に適しています。合成樹脂、軽金属の低電圧X線検査はもちろん、高電圧X線、ガンマ線による厚い被検体の検査にも適しています。一般にはダイレクトまたは鉛箔増感紙で撮影します。
IX100
  • 鋼溶接部
  • 鋼鋳造部
超微粒子、高コントラストに設計された標準タイプのフィルムで低電圧による軽金属撮影から高電圧X線やガンマ線による厚い被検体の検査に適しています。感度が高く、広範囲に利用できます。一般にはダイレクトまたは鉛箔増感紙で撮影します。
IX150
  • 厚肉鋼溶接部
  • 厚肉鋼鋳造部
高感度、微粒子、高コントラストに設計されたフィルムでIX100同様、低電圧から高電圧X線、ガンマ線による種々の被検体の検査、X線回折撮影に適しています。X線装置容量に制限がある場合や特に厚物に対して威力を発揮します。一般にはダイレクトまたは鉛箔増感紙で撮影します。
IXFR
  • 電子部品
  • アルミ合金鋳造品
  • 動植物
極超微粒子、高コントラスト、高鮮鋭度という特性を有しています。電子部品、ファインセラミックス、動植物など低電圧のX線撮影に最適なフィルムです。一般にはダイレクト撮影します。
IX300
  • 極厚肉溶接部
  • コンクリート
  • 弱線源X線検査
IXG蛍光増感紙と併用することによって、微弱のX線の検出を可能にしました。超厚物の中電圧X線検査、パルスX線の線量が高くないX線検査などに最適です。(当社製品 IXG2スクリーンとの併用が原則です。)
フィルム品種 相対感度(IX100を100とする) フィルムシステムクラス(*2)
100KV
(ダイレクト)
200KV
(鉛増感紙)
Ir-192
(鉛増感紙)
Co-60
(鉛増感紙)
JIS
K7627
ASTM
E1815
ISO
11699-1
IX25 20 15 15 10 T1 SPECIAL C1
IX50 35 30 30 30 T2 I C3
IX80 55 55 55 55 T2 I C4
IX100 100 100 100 100 T3 II C5
IX150 200 200 170 170 T4 III C6
IXFR 20 20 - - W-A W-A -
IX300 - 40000
IXG2増感紙
- - - - -
  • *2:当社推奨条件などを想定した場合の一般的な分類。

自動現像用の処理剤

スーパードールI (19リットル「AM」用、38リットル用)

濃縮液型の現像補充液で、工業用X-レイフィルムの5~11分処理の自動現像機専用・現像補充液です。スーパードールI の現像温度は、5分処理では30℃、11分処理では23℃が標準です。

スーパードールSI (80リットル用)

スーパードールI用のスターターです。標準使用量は25ml/L です。

スーパーFI (19リットル「AM」用、38リットル用)

濃縮液型の迅速定着液で、工業用X-レイフィルムの5~11分処理に使用する自動現像機専用の定着液です。

手処理用の処理剤

ハイレンドールI (5リットル×4用の濃縮液体)

工業用X-レイフィルム専用の手処理に用いられる、高能力の濃縮液型現像剤です。大量使用に適しています。

ハイレンフィックスI (5リットル×4用の濃縮液体)

工業用X-レイフィルム専用の高能力、かつ迅速な酸性硬膜定着剤です。ハイレンフィックスIは濃縮液型で、手処理に用いられます。単一の剤(液)であるため、調液をきわめて簡単に行うことが可能です。

富士酢酸 (50%溶剤)

水で16対1にうすめて、停止液として使用します。停止液は、現像と定着の間に用い定着液の変質を防ぎ、フィルムにしま模様、汚染、汚点の発生するのを防止します。

富士QW (2リットル×25用の粉末)

フィルムを水洗いする際の促進剤で、フィルムの水洗時間を大幅に短縮できる特長を持っています。

富士ドライウェル (2リットル入の濃縮液体)

フィルムの水滴ムラを防止する溶液でフィルムの乾燥ムラを防ぐ特長を持っています。使用する場合200倍にうすめます。

富士タンククリーナー/中和剤キット (40リットル用)

富士タンククリーナーは、クロムを含まない現像機器用クリーナーで、水で希釈して使用します。中和剤は、富士タンククリーナーで現像槽を洗浄したあと、使用液を中和し、廃棄するための薬品です。タンククリーナーと中和剤がキットとなっています。

製品カタログ

お問い合わせ・資料請求

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。

富士フイルム(株)
産業機材事業部 NDTグループ
Webでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る