ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

LTOテープ NEW

 

[写真]先進の磁気テープが、ビッグデータの未来を守る。

基本情報

50年以上の歴史と最新の技術で
高い信頼性を維持し続ける磁気テープメディア

富士フイルムは、1959年に日本初の放送用ビデオテープを開発して以来、常に時代を先取りし、そこに画期的な先進技術を開発・投入することで、レコーディングメディア界のパイオニアとして時代をリードして参りました。1992年に発表した「ATOMM技術」、2001年の「NANOCUBIC技術」は、当時のレコーディングメディアの大容量・高性能化に大いに貢献。そして2012年には、新世代磁性体バリウムフェライト(BaFe)を使った、大容量テープ「LTO Ultrium 6カートリッジ」の製品化に成功。
データメディアの未来を切り開くコアテクノロジーをさらに追求し、これからも業界をリードし続けます。

[写真]LTO FB UL-6

  • ※LTO (Linear Tape-Open)、LTO、LTOのロゴ、UltriumおよびUltriumのロゴは、Hewlett-Packard社、IBM社およびQuantum社の米国およびその他の国における商標登録です。

製品名 LTOFB UL-7 6.0T J
主な特長 最大記録容量15TB
(非圧縮時6.0TB) 転送レート 750MB/秒
(非圧縮時 300MB/秒)

アーカイブに最適

世界規模でビジネスが展開される現代において、データ容量は年々飛躍的に増え続け、データのアーカイブニーズも増々高まっています。
いかにコストを削減しつつ、かつ、安全な環境でデータを管理・保存することができるのか。メディアメーカーとして、これまで数々の最新テクノロジーを投入してきた富士フイルムは、テープを使用した保存・管理こそが、アーカイブにとって最善の道であると考えます。アーカイブにかかるコストを比較すると、テープ環境とHDD環境では、1対23と試算され、電力消費量は1対290と言われています。

また、テープアーカイブは、単純にローコストであると言うだけではなく、将来性や信頼性が高いことはもちろん、複数拠点間での移動や容量の増設が簡易であることや、WORM(書き込み不可)対応や暗号化技術対応など、HDD環境にはない優位性をいくつも見い出すことができます。これらのことから、データアーカイブに最も適したソリューションメディアは、現在も、また将来においても、磁気テープである、と富士フイルムは考えるのです。

磁気テープメディアは、加速評価試験で30年の保存が可能であることを確認しています。
(放送局用の磁気テープ製品では20年以上保存の実績もあります。)

低コスト

磁気テープメディアはビット単価もHDDに比較して安く、運営にかかるトータルコストも抑えられます。

[図]低コスト

省エネルギー

磁気テープメディアは通電の必要性が無いため、消費電力が抑えられます。

[図]省エネルギー

[図]エコパック LTO5セキュリティタグ内臓タイプ
LTO5セキュリティタグ内蔵タイプ

通常品と比較して、生産過程で排出されるCO2を85%もカット!
片付けも楽でさらに時間も短縮。

  • CO2を削減
  • 作業効率UP
  • 廃棄コストを削減
  • 省スペースを実現

[図]エコパック特長

おすすめコンテンツ

Barium Ferrite(バリウム・フェライト)
今後商品化される富士フイルムの磁気テープに採用される最先端の磁性体。非圧縮で5TBの大容量を実現。

nanocubic(ナノキュービック)
磁気メディアの世界を変える驚異の技術。富士フイルム独自の高密度化技術「ナノキュービック」についてご紹介。

テープの寿命
テープにも寿命があります。テープの寿命に関する情報を紹介します。

関連製品・サービス

当社製のLTOテープに、オリジナルバーコードラベルを貼付して納品いたします。

LTOテープのバックアップトラブルを未然に防止いたします。

ハードディスクや記録メディアの物理的な障害や論理的な障害を豊富なノウハウを元に安全に修復。

急増するデータを簡単・安心・低価格でお預かりいたします。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は富士フイルム株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
お客様コミュニケーションセンター 受付時間:
月曜日~金曜日 9:00-17:40
土曜日 10:00-17:00
(日・祝日・年末年始を除く)
050-3786-1711
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

Barium Ferrite

Barium Ferrite

お問い合わせ

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。

電話でのお問い合わせ
お客様コミュニケーションセンター 受付時間:
月曜日~金曜日 9:00-17:40
土曜日 10:00-17:00
(日・祝日・年末年始を除く)
050-3786-1711
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

関連情報

開発の舞台裏と進化した磁器テープの技術を、研究者の声とともにご紹介します。

テープの取り扱い方でテープの寿命は大きく変わります。磁気記録媒体標準化専門委員会の情報をご覧になれます。

テープストレージ、テープメディアの最新技術情報をご覧になれます。

ビッグデータを支える当社独自開発のBaFe(バリウムフェライト)磁性体技術のご紹介。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る