ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

TB超を実現する、独自のテクノロジー 「NANOCUBIC 技術」

「NANOCUBIC技術」の特長

ナノ・コーティング技術 高分解能を実現するナノオーダーの超薄層磁性層

ATOMM技術はそれまでのミクロンオーダーの単層メタル磁性体テープに対しサブミクロンオーダーの薄層メタル磁性層を実現しましたが、さらなる高密度記録に対応する分解能を得るためには、磁性層をさらにナノオーダーにまで薄くすることが必要です。このためATOMM技術をさらに発展・精密化しナノ・コーティング技術を開発。ATOMM技術に比べ、厚み約1/10の超薄層磁性層を実現しました。

[イメージ]

ナノ・パーティクル技術 媒体ノイズの大幅低減を実現する超微粒子磁性体

[イメージ]

媒体ノイズ低減のために、サブミクロンオーダーであったATOMM技術の磁性体に対しナノオーダーの2種類の微粒子磁性体を開発しました。新たに開発した超微粒子メタル磁性体の粒子サイズは数十nmで、ATOMM技術の約1/2。また、その超微粒子メタル磁性体よりさらに小さな六角板状のバリウムフェライトも開発しています。


ナノ・ディスパージョン技術新開発・特殊高分子バインダーによる均一分散技術

磁性体が微粒子になるほど均一に分散させることが難しく媒体ノイズを低減することが困難でした。この問題を解決するためにナノ・ディスパージョン技術を開発。ナノ・ディスパージョンは特殊高分子バインダーを採用し、超微粒子磁性体ひとつひとつをナノオーダーのバインダー層で均一に包むことにより磁性体同士の凝集を防止します。

関連情報

高い信頼性を誇る富士フイルムのデータストレージメディア。

テープにも寿命があります。テープの寿命に関する情報を紹介いたします。

テープの取り扱い方でテープの寿命は大きく変わります。磁気記録媒体標準化専門委員会の情報をご覧いただけます。(PDF:306KB)

当社製のLTOテープに、オリジナルバーコードラベルを貼付して納品いたします。

ビッグデータを支える当社独自開発のBaFe(バリウムフェライト)磁性体技術のご紹介。

LTOテープのバックアップトラブルを未然に防止いたします。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る