ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FUJIFILM WORKFLOW XMF

 

[写真]XMFの変革力で、「働き方」に改革を。「企業経営」に変革を。

基本情報

印刷会社・印刷工程における「見える化」「働き方改革」とは?

「Remote活用」で、管理体制が変わる

印刷会社における業務の「見える化」とは、簡単に言えば「印刷ジョブごとの“時間管理”によって“実質的な原価と利益”を明らかにすること」。同じ内容の仕事でも、何人のスタッフがどれだけの時間をかけたかによって、実質的な利益は違ってきます。重要なのは「時間コスト」の管理。まさに、XMFが最も得意とする管理手法の一つです。XMFにすべてのジョブを登録しておけば、『XMF Remote』によって誰でもいつでもどこからでも簡単に、進捗状況をはじめとするさまざまな情報を正確に把握することができ、「時間コスト」を含めた統合管理が可能になります。XMFによる「業務の見える化」は、経営改革への、確かな・大きな第一歩です。

「働き方改革」で、「労働生産性」が高まる

「見える化」することでジョブごとの収益を把握できるようになりますが、大事なのは、「見える化」の、その先です。的確な「時間コスト」の管理によって「いかに労働生産性を高められるか」が「強い会社づくり」の最重要課題になってきます。「労働生産性が高い」とは、従業員一人あたりの利益率が高い、ということ。より少ない労働投入量で、より多くの利益を生み出せるということです。労働生産性をアップさせるには、主に4つの方向性が考えられます。

  1. 付加価値の高い商品を提供する
  2. 仕事の効率を高める
  3. 無駄な作業をなくす
  4. 商品の不良、資材のロスを追放する

XMFには、これらのすべてを同時に実現できる力があります。そのベースになっているのが、自社内はもちろんのこと、クライアントや協力会社も含めたあらゆるメンバーの「働き方」を改革する力。さまざまな工程を自動化・高速化・高精密化でき、工程の進捗をすべてのメンバーが共有し推進できることにより、「仕事の流れ」「人の働き方」が一変し「労働生産性」が格段に高まります。さらに、こうして蓄積されたデータを有効に活用することで、将来的には、より高度に自動化された『スマートファクトリー』にも発展させることができるのです。

製品名 FUJIFILM WORKFLOW XMF

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

関連情報

印刷分野における富士フイルムの事業内容をご紹介します。

全国3,000件以上のデータに基づき、日本の“中心的な色味”を再現した印刷物。

Adobe Creative Cloud対応 詳細はこちら

JAGAT主催「ワークフローイノベーションセミナー」レポート



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る