ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FUJIFILM WORKFLOW XMF

 

[写真]次世代ハイブリッドワークフロー FUJIFILM WORKFLOW XMF

基本情報

この新次元ワークフローが、
会社の何を、どのように変えていくのか。

会社にとって「強さ」とは何でしょう。
それは、ぶ厚い壁のような「守りの堅牢さ」ではありません。
自在に動けるということ。しなやかに攻められる、ということ。
すべての社員が、のびのび自主的に行動できる、ということです。
XMFが、いますぐもたらすものは「硬直化」からの解放。
単体のシステム導入では叶わなかった、企業全体の、生き生きとした「変化」です。そして変化の先にある、企業体質の「強化」、勝ち残るための「進化」です。

製品名 FUJIFILM WORKFLOW XMF

新技術

[1]XMFは世界トップレベルの超高速ワークフロー

世界初! アドビ社の『Mercury RIPアーキテクチャ』に対応

ワークフローシステムおけるRIP処理は、速ければ速いほどいい。そのために有効な技術を、つねに、いち早く採り入れてきたXMFが、今回、世界に先駆けて採用したのが、業界最速レンダリング技術として注目されるAdobe PDF Print Engine3『Mercury RIPアーキテクチャ』です。

1台のXMFで多数の出力デバイスをフル稼働

複数の出力デバイスへの演算に時間がかかり、1台の出力デバイスごとに1台のRIPが必要だったこれまでの処理方式に対し、最新のXMFでは、1台で複数の出力デバイスを同時に稼働することができます(たとえば、CTPセッター(*1)5台分(*2)のRIP演算を1台でこなせ、Jet Press 720や、フルカラー高速連続紙インクジェットプリンターのバリアブル印刷の演算も可能)。PCの台数が減らせる分、管理の手間もコストも確実に低減でき、また、RIPを一つに集約することで、つねにデバイス間の演算一致性が確保されます。

  • *1:67版機
  • *2:2400dpi・B1サイズ

[図]1台のXMFで多数の出力デバイスをフル稼働

Adobe社が語る、高速演算技術「Mercury RIPアーキテクチャ」の優位性。

※画面をクリックするとムービーが再生されます。音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

[2]XMFは安心・安全なノンストップワークフロー(*3)

障害に強い仮想化技術を採用

ワークフローに求められる最大の性能は「信頼性」です。どんなにスピードがあっても機能性に優れていても、トラブルに弱いワークフローでは戦力になりません。高速・高機能はあたりまえ。XMFが目指し実現したのは、障害時にも平然と稼働し続ける、強くしなやかなワークフローです。

サーバーが故障しても代行PCが即座にバックアップ

従来の一般的なワークフローシステムは、1台の物理サーバーに障害が発生するとたちまち生産が停止してしまうという、見えない不安を抱えていました。最新の仮想化環境を採用したXMFは、そんなリスクとは無縁です。万が一PCに障害が起きても、他のPCの仮想化基盤へOSごと移動させ、そのまま稼働を継続。製作現場に大きな安心をもたらし、生産性、収益性アップに貢献するために。そして何より、クライアントからの評価を高めていくために。XMFは止まりません。サーバー障害などに、びくともしません。

[図]1台の物理サーバー故障時にも、他の仮想化基盤へOSごと移動させ、サービス継続が可能

  • *3:オプション

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

関連情報

印刷分野における富士フイルムの事業内容をご紹介します。

全国3,000件以上のデータに基づき、日本の“中心的な色味”を再現した印刷物。

Adobe Creative Cloud対応 詳細はこちら

JAGAT主催「ワークフローイノベーションセミナー」レポート



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る