ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

<感圧紙>専用UV減感インキ

<感圧紙>専用UV減感インキ。

富士フイルムでは、ますます高度化・多様化する減感印刷のニーズにお応えするため、新たに紫外線(UV)硬化型の減感インキをラインアップしました。UV硬化型のため、減感先刷りも可能になり、バーコード印刷に最適です。

ご使用上の注意事項
1.印刷面

必ず<感圧紙>の顕色面に印刷してください。

2.印刷方式

オフセット印刷でも凸版印刷でも印刷できます。

3.版材

オフセット印刷… ネガタイプでロングラン用のPS版をお使いください。ポジタイプのPS版は耐刷カが低下しますので、お使いになる場合はUV専用のPS版<当社FPU>をおすすめします。
凸版印刷…軟らかいゴム版(NBR)をお使いください。

4.印刷スピード

80~150m/分程度が適当です。スピードが遅すぎると減感印刷部分が黄変したり、逆に早すぎると乾燥不足になることがありますので、適宜調整してください。

5.UV照射ランプ

ビジネスフォーム印刷では、4KW(80W/CM)、6KW(120W/CM)、8KW(160W/CM)のランプが多く使用されています。
UVランプの有効使用時間(1,000時間、1,500時間が一般的)にご注意ください。有効使用時間を過ぎた場合には乾燥不足になることがあります。

6.減感効果のチェック

仕上げる帳票の枚数を重ねて、必ずボールペン書きで確認してください。サンプリングは、シートの場合は1,000枚目くらいで、ロールの場合は1本くらいで行なってください。スプレーチェッカーでは減感効果のチェックはできません。

7.洗浄

印刷後の洗浄にはUVインキ専用洗浄液を使用してください。一般の洗油はインキが落ちにくいので、ご使用にならないでください。

8.その他

減感印刷の上に朱肉やネーム印などで捺印すると、変色したり、ブリードしますので避けてください。
減感印刷の上に収入印紙などを貼るとはがれやすいので、帳票設計上から避けてください。
富士フイルム<感圧紙>専用に品質設計された減感インキです。<感圧紙>以外に使用された場合や、誤った使い方をされた場合の品質保証はいたしかねます。

9.インキの保管

UVインキは、25℃以下の場所で保管してください。

資料請求・お問い合わせについて
製品の資料請求・お問い合わせは、エム・ビー・エス株式会社で承っております。 2017年9月1日
富士フイルムビジネスサプライ株式会社の洋紙事業・プリンターシステム事業・産業材料事業を承継しました「エム・ビー・エス株式会社」が2017年9月1日付けで発足いたしました。
これまでご愛顧いただきましたこと、厚く御礼申し上げます。
関連製品については、2017年9月1日以降、エム・ビー・エス株式会社より販売およびサポートをいたします。

電話でのお問い合わせ

支店・営業所電話番号一覧

製品についてのお問い合わせ

この製品についてのお問い合わせ

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る