ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

SUPERIA LP-RL

 

大容量集中補充装置。
複数台のプロセサーを効率的に活用可能。

1台に、最新鋭機『XPー1310NEWS』や従来機の『LP-1310NEWSⅡ』『LP-940NEWSⅡ』などの新聞用サーマルCTPプロセサーを最大5台まで接続することができ、現像液、フィニッシングガム補充液の交換作業の負荷が軽減。大容量容器(100L)包材のリユースにより、包材のゴミも削減でき、交換頻度も減らせる、余裕の大容量タイプです。

  SUPERIA LP-RL

[写真]

特長 大容量タイプ:
大容量容器(100L)包材から給液する。
給液方式 大容量容器包材対応「ポンプ移液」方式
処理剤 富士フイルムサーマルネガ新聞用
  • 現像補充液:HN-DR
  • フィニッシングガム液:HN-GV
大容量容器包材:100L
接続対象自現機 LP-1310NEWS(最大5台まで「可」)
処理剤ストックタンク容量 オーバーフロー位置までの容量
  • HN-DR:40L
  • HN-GV:38L
処理剤ストック容量 (1)稼動状態での最大ストック量:大容量タンク交換直後
  • HN-DR:111L(大容量容器100L含む)
  • HN-GV:106L(大容量容器100L含む)
(2)稼動状態での最小ストック量:大容量容器液無し報知時
  • HN-DR:10L
  • HN-GV:5L
補充液包材開封構造、操作方法 タンクキャップ手動開封、レベルセンサー付吸い込みユニット挿入
包材からの移液方式 ポンプ移液式
液面検出方式 電極式液面検出
現像液面位置検出
  • オーバーフロー異常液面位置
  • 移液ポンプ停止液面位置
  • 移液ポンプ運転液面位置
  • 補充液下限アラーム液面位置
  • 大容量容器空
フィニッシングガム液面検出
  • オーバーフロー異常液面位置
  • 移液ポンプ停止液面位置
  • 移液ポンプ運転液面位置
  • 補充液下限アラーム液面位置
  • 大容量容器空
操作部、表示部
  • 電源スイッチ、リセットスイッチ
  • 以下の文字表示とランプ点灯で現像補充液とフィニッシングガム液それぞれで装置状態を報知
    -「補充液3箱補充してください。」
    -「ストックタンクに薬品がありません。」
    -「オーバーフロー発生。」
上位機器との通信 -
標準付属品 廃液用フレキシブルホース、洗浄ブラシ、ホースクランプ、大容量タンク開栓工具
外形寸法
  • 幅:800mm
  • 奥行き:700mm
  • 高さ:817mm(アジャスター高さ50mm含む)
重量 液無し 76.9kg
電源
  • AC100V 50/60Hz 単相2A以下
  • 3P電源プラグ、漏電ブレーカ内蔵
騒音 48.2dB:110V、60Hz時
周囲環境 温度20~27℃、湿度30~70%

※仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る