ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

SUPERIA ZP/ZD : 機能

 

[画像]SUPERIA ZP/ZD

7つの性能を実現するプレートテクノロジー

[図]7つの性能を実現するプレートテクノロジー

保護層

生産性の最大化、プレートの経時安定化、取り扱い時のキズ抑制のために採用。これにより、有処理プレート『XP-F』同等の取り扱い性を実現しています。また、印刷待機中のプレートの感光を低減します。

[図]

感光層

印刷時に、露光部は感光層として残り、未露光部は剥離・除去されるという、無処理プレート感光層の“相容れぬ2つの機能”をFPD技術が高いレベルで実現します。より高い耐久性を求められるUV印刷・ロングラン印刷対応のZDでは、新たにHDN技術を追加投入しています。

[図]


下塗り層

印刷機上で現像を行なう完全無処理プレートでは、印刷開始時、感光層の迅速・確実な剥離が求められます。RSS/s-HDS技術は、剥離性を高めて素早い立ち上がりを実現し、FPD技術との相乗効果により、インキや湿し水への感光層の混入を防止します。

[図]

砂目

オフセットCTPプレートでは、刷りやすさ=水幅の広さが重要です。ZPでは、定評のある砂目技術「MGV技術」により、従来プレート同等の刷りやすさを実現。高耐刷タイプのZDでは、MGVをさらに進化させたMGZ技術を採用しています。感光層との密着性も、砂目の重要な役割です。

[図]


プリプレス性能

露光

[写真]露光

[図]

ほとんどのCTPセッターで露光可能、従来プレート同等のスピードで生産できます(*1)。完全無処理ですので自動現像機は不要です。

■生産性を最大化
オーバーコーティングにより露光・反応効率向上。

■高い耐刷性能を実現
ZDでは、HDN技術により画像形成時の反応効率を3倍に高め、さらなる高耐刷性を実現。

■従来プレート同様の運用・保管が可能
オーバーコーティングにより経時安定性が向上。従来プレート同様の保管・刷版環境条件でお使いいただけます。

ハンドリング

[写真]ハンドリング

[図]

従来プレート同等のハンドリング・保管環境で運用が可能。無処理化のために新たな工程を設けることは不要です。

■従来プレート同等のキズ耐性
プレート表面の保護層が、感光層・砂目の応力破壊を低減するとともに、有処理プレートのガム引きと同等の役割を果たします(*2)。また、印刷待機中のプレートの感光を低減します。


[図]

機上現像性能

一次給水

[写真]一次給水

[図]

[図]

印刷開始時の一次給水により非画像部に湿し水が浸透。
非画像部の感光層と砂目の間に水膜を形成し、密着性を低下させます。

■通常スタートが可能
RSS技術により、一般的なスタートシーケンスを利用した機上現像が可能です(*3)。

■湿し水汚染を防止
感光層は湿し水では溶解しないため、湿し水系統の汚染の心配はありません(*3)。

インキング

[写真]インキング

[図]

[図]

一次給水により密着性の低下した感光層がインキのタックと印刷ズリ力により剥離します。

■印刷への影響を抑制
剥離した感光層はFPD技術によりマイクロ分散し、インキへの影響を最小限に抑制します。

■幅広いインキ品種に対応
UVインキや各種インキでの市場実績を確認しています(*3)。

印刷立ち上がり性能

印刷開始

[写真]印刷開始

[図]

[図]

インキングにより剥離した感光層はマイクロ分散し、インキの流れと共にプレートからブランケット、用紙へと転写され排出されるため、印刷機への影響はありません。

■素早い立ち上がりを実現
RSS技術により感光層が素早く剥離し、s-HDS技術により非画像部の親水化が促進されることにより、汚れのない、迅速な立ち上がりが実現します。

■現像にヤレ増しは不要
素早く着肉するため、10枚程度で見当・色調調整が可能です(*3)。

印刷仕上がり品質

[写真]印刷仕上がり品質

[図]

高精細印刷にも対応。安定した網点再現性により、『XP-F』と遜色のない仕上がり品質が得られます。

■優れた高精細適性・再現品質の実現
保護層、感光層、下塗り層、砂目に投入された各技術の相乗効果により、高精細網点も忠実に再現します(*3)。

■いつものメンテナンス
ZP/ZDは機上現像方式ですが、印刷機への影響を最小限に抑える設計で、湿し水の汚染などは発生しないため、通常の印刷機メンテナンスで運用可能です。

印刷ランニング性能

水幅

[写真]水幅

[図]

[図]

機上現像が終了すれば、従来プレートと同様に、通常のオフセットCTPプレートとしてお使いいただけます。

■従来プレート同等の刷りやすさ
定評のある富士フイルムの「マルチグレイン技術」により、無処理プレートに最適化された砂目が、従来の有処理プレート同等の水幅を実現(*3)。水/インキバランスが難しいUV印刷でも、安定した仕上がりが得られます。

高い耐刷力

[図]高い耐刷力

[図]

ZDでは、圧倒的な耐久性とUV適性を実現。従来の無処理プレートを上回るタフネスさで、ロングラン印刷での安心感も向上しています。

■高い耐久性の実現
ZDでは、HDN技術により硬化した感光層をより強固に密着させる「MGZ技術」を採用。砂目表層面のマイクロポアだけを高精度に多段構造化し、密着力をアップします。


[写真]

*1 各社CTPセッターとの適性につきましては、お問い合わせください。
*2 従来のプレートと同様に、丁寧なお取り扱いをお願いいたします。
*3 印刷条件により異なるケースがあります。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る