ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
ここから本文です

IC・IDカード/RFIDソリューション
についてのお問い合わせ

お問い合わせ

用語 解説
ICカード 情報(データ)の記録や演算をするためにIC(半導体集積回路)を搭載したカード。スマートカードとも呼ばれる。磁気カードに比べて、記録されているデータのセキュリティーが高く、偽造、変造がしにくい。1枚で複数の用途を持たせることが可能。
接触型カード カード表面に取り付けられたICモジュールとリーダライタの端子を接触させて、
電力供給や通信を行うICカード。
非接触型カード 端子を持たず、リーダライタが発生する電波により、カードに電力が供給され、データの送受信を行うICカード。
PET-G プラスチックカードの材質の1つ。「ポリエチレンテレフタレートグリコール」の略。
焼却しても水と二酸化炭素に分解され、有害物質が発生しない。
PVC プラスチックカードの材質の1つ。一般的に「塩ビ」と呼ばれる。
生カード ICチップや磁気テープに情報が書き込まれていない、発行前の状態のカード。
エンコード ICチップや磁気テープに情報を書き込むこと。
可変項目 カードに印字される情報のうち、社員番号、氏名、顔写真など、作成カードごとに異なる項目。
固定項目 カードに印字される情報のうち、社名や住所など作成カードに共通する項目。
プレ印刷 生カードに事前に可変項目以外の共通絵柄を印刷すること。オフセット印刷とシルク印刷がある。
カードプリンタでは再現不可能な金・銀・蛍光色に対応できる。
昇華再転写 一度再転写フィルムに印字した画像をゴムヒートローラーにより熱圧着し、カード表面に再転写する印刷方式。
カード全面への印字が可能で、ICチップなどの凹凸にも問題なく印字できる。
NFC Near Field Communicationの略称で、13.56 MHzの周波数を利用する近距離無線通信技術。
ISO/IEC 18092(NFCIP-1)という国際標準規格で定められた通信技術に由来。このNFCIP-1の策定を機に、NXPセミコンダクターズ社 (旧フィリップスセミコンダクターズ社)・ノキア社・ソニーの3社が設立メンバーとなり、業界標準団体NFCフォーラムが発足。
UID 「Unique ID」の略。MIFAREカード製造時にICチップに書き込まれる製造番号。書き換えは不可能。
NUID 「Non Unique ID」の略。「UID」は世界に一つしかない番号であったが、2010年で4ByteUIDが枯渇し、
「Non Unique ID」になった。
IDm FeliCaカード製造時にICチップに書き込まれる製造番号。書き換え不可能。リーダライタが通信相手のカードを識別するためのIDで、Pollingレスポンスコードの次のバイトから続く8バイトのコード。
システムコード システムを一意に特定するための値。業者および使用目的ごとに割り当てられる。
パブリックエリア フェリカネットワークスが管理する公共的なエリア。発行者の違いによらず、
Edyなど共通のアプリケーションを利用できる。
プライベートエリア カード発行者ごとに自由に使用できるエリア。
メモリ分割 1枚のFeliCa Standardカードに複数のシステムを作成すること。

IC・IDカード/RFIDソリューションに関するお問い合わせ

富士フイルムイメージングシステムズ(株)
イメージテック事業部 IDシステム営業部/特販営業部

お問い合わせ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る