ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

Share |
 

AFスピードの高速化、マニュアルフォーカス時のピーキング機能を追加!

「FUJIFILM X-Pro1」、「FUJIFILM X-E1」の性能向上ファームウエアを公開

低コントラストの被写体を撮影する際の合焦精度も向上!

2013年7月17日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、レンズ交換式プレミアムカメラ『FUJIFILM X-Pro1/X-E1』の操作性を大幅に向上させ、より快適な撮影を可能とする専用ファームウエアを7月23日より無償提供いたします。

6月25日にお知らせしました『FUJIFILM X-Pro1/X-E1』ファームウエアのバージョンアップ内容に加え、低コントラストの被写体を撮影する際の合焦精度の向上も追加しました。

[専用ファームウエア公開予定]
2013年7月23日(火)14時
[ファームウエアバージョン]
FUJIFILM X-Pro1:Ver. 3.00
FUJIFILM X-E1:Ver. 2.00
[ファームウエア更新による主なバージョンアップ内容]
1. オートフォーカス速度の改善
撮影距離範囲全域において、AF時のピント位置検出をより高速化するためのアルゴリズムを設定。下記の「XFレンズ」においてAF速度が高速化されます。
対象XFレンズ
XF14mmF2.8 R/XF18mmF2 R/XF35mmF1.4 R/XF60mmF2.4 R Macro/XF18-55mmF2.8–4 R LM OIS

※ なお、本ファームアップを最大限に有効化するためには、上記対象のXFレンズのファームウエアも同時に更新する必要があります。

2. マニュアルフォーカス時のピーキング機能追加
FUJIFILM X100S、FUJIFILM X20で好評の、MF時のピーキング機能を追加。ピント合わせの目安として、被写体のコントラストが高い箇所の輪郭を強調して表示することで、より繊細で高精度なフォーカシングがスムーズに行えます。
3. マニュアルフォーカスピント拡大時の倍率変更方法を改善
マニュアルフォーカスのピントを拡大する機能について、背面コマンドダイヤルをプッシュした後、拡大倍「3倍/10倍」を一定方向に回して選択できるようにしました。
4. さまざまなシーンでの合焦精度が向上 [追加項目]
フォーカス合焦時の検出アルゴリズムを見直すことにより、従来苦手とされていた低コントラストの被写体や、横方向の縞模様などに対する合焦精度が向上します。
5. 動画撮影時の手ブレ補正性能を向上:フジノンXFレンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」
動画撮影時に歩きながらのシーンでもブレが少なくなるよう、手ブレ補正の性能を向上しました。

※ なお、本ファームアップを最大限に有効化するためには、上記XFレンズのファームウエア更新と、X-Pro1のファームウエアをバージョン3.00以降に、X-E1のファームウエアをバージョン2.00以降に更新する必要があります。

そのほかの変更内容については、下記サポートページをご覧ください。


[ファームウエア公開先]

※ 本ファームウエアは「FUJIFILM X-Pro1/X-E1」および「XFレンズ」の専用ファームウエアです。ファームウエアは、カメラ本体・レンズを制御するソフトウエアです。

※ ファームウエアのダウンロードは、富士フイルムホームページの「サポート情報」内からダウンロードが可能です。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルム FinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
Share |

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る