ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

Share |
 

進化し続ける大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ
「FUJIFILM GFX 50S」の最新ファームウエアを無償提供

「フジノン GF250mmF4 R LM OIS WR」新機能対応、フリッカー低減、フォルダ選択など

2018年5月30日更新

2018年5月17日更新

2018年4月12日

富士フイルム株式会社

お客さま各位

5月17日に公開延期をご案内いたしました「FUJIFILM GFX 50S」の最新ファームウエア公開の日程をご案内いたします。
  • GFX 50S Ver.3.10:5月30日公開

※ Ver.3.10でGF250mmF4 R LM OIS WRに対応いたしました。GF250mmF4 R LM OIS WRをご使用予定の方は、必ずVer3.10へのアップデートをお願いします。

なお、Ver3.10で搭載を予定していました「フォルダー選択・フォルダー作成機能 」は、6月中旬公開予定のVer.3.20で搭載いたします。

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)の最新ファームウエアを2018年5月に無償提供します。今回のファームウエアは、「GFX 50S」を日ごろよりご使用のプロ写真家の方々からいただいた、機能追加などに関するご要望を反映させたものです。

今回のアップデートは、新発売の「フジノン GF250mmF4 R LM OIS WR」に搭載された新機能のサポートや「フリッカー低減」、「フォルダ選択・フォルダ作成」など操作性や機能向上を反映させたものです。

今後も、当社のデジタルカメラを長く安心してお使いいただけるよう、お客さまのご要望を取り入れながら、引き続き性能、品質の向上を図っていきます。

主な内容:
■ 2018年5月公開

ファームウエアバージョン:FUJIFILM GFX 50S: Ver.3.10
1. フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WRに搭載された新機能に対応
新「フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR」に搭載された新機能に対応し、フォーカスプリセット機能や鏡筒の先端4カ所に配置したフォーカスコントロールボタンでフォーカスロックやオートフォーカス動作が可能となります。
2. フリッカー低減機能追加
フリッカー低減は、蛍光灯や水銀灯など照明のちらつきがある不安定な光源下での連写撮影でも安定した露出を実現し、インドアスポーツの撮影などで威力を発揮します。
3. フォルダー選択・フォルダー作成機能追加
フォルダー選択・フォルダー作成機能は記録フォルダーを別のフォルダーに切り換えたり、5桁のフォルダー名を入力してフォルダーを新規作成し、次に撮影する画像をそのフォルダーに保存することができます。
4. 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定できる情報表示拡大モード(EVF/LCD)追加
撮影モード時に表示されるGUIアイコンや情報表示をLCD、電子ビューファインダーそれぞれで拡大表示できます。拡大表示時に撮影モード画面内に表示する情報をカスタム設定することができます。
5. 35mmフォーマットモードのFnボタン割り当て追加
35mmフォーマットモードをお好きなFnボタンに割り当てることでより簡単に機能を切り替えることができます。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム FinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 受付時間 :9:30~17:30(月~金)/10:00~17:00(土・日・祝) ※年末年始を除く
Share |

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る