ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

コンパスの使い方

フジノン 7×50 コンパス付き双眼鏡に装着されているコンパスは、大きく分けて2通りの使い方ができます。

進行方向の測定

船首方向を見た時に表示された数字と、ブイを見た時に表示された数字の差を読むことで、ブイに対して現在の進行方向を知ることができます。

右図の場合、ブイを見たときのコンパス表示は270°船首方向を見たときの表示は240°ですので、現在、船はブイに対して左30°の方向に進んでいます。

大きさ・距離の測定

目標物の大きさか目標までの距離のどちらか一方が分かっていれば、おおよその大きさか、距離を知ることができます。

灯台の高さは10m、この時スケールは40MILを指しています。これを、単純な式に当てはめるだけでおおよその距離が分かります。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る