ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
GFX Series

FUJIFILM GFX 50SNew

Share |

特長 2写真画質

画質設定/基本

保存フォーマット

2つの画像サイズと3種の圧縮率から選べるJPEG、圧縮/非圧縮RAWなどさまざまなフォーマットと画質で記録可能。RAWファイルのみの撮影時でも、1200万画素のサムネイル画像が同時記録されます。またカメラ内RAW現像で8bit TIFFへの現像・保存も可能です。

ISO感度

常用感度はISO100~12800。拡張感度ISO50、25600、51200、102400も選択可能で、全ての感度でRAWでの記録がおこなえます。AUTOでは基準感度・低速シャッター限界・上限ISO感度を設定でき、シーンに合わせてAUTO1〜3にそれぞれ設定を登録できます。

感度設定 AUTO1/AUTO2/AUTO3 (ISO12800まで設定可能)
標準出力感度 ISO100~12800 (1/3段ステップ)
拡張感度設定 ISO50/25600/51200/102400

ホワイトバランス

ホワイトバランスは、オート、プリセット、カスタム、色温度設定から選択可能。WBシフトでRB2軸の色座標で色合いを微調整をすることも可能です。撮影環境の光を測定してホワイトバランスを決定するカスタムは3種をメモリーできます

その他の画質設定

フィルムシミュレーションと併せてトーンやカラーなどを微調整可能。好みの色再現を作ることができます。

ダイナミックレンジ AUTO・100%・200%・400%
ハイライトトーン +4~-2
シャドウトーン +4~-2
カラー +4~-4
シャープネス +4~-4
ノイズリダクション +4~-4

画質設定/応用

フィルムシミュレーション

80年以上に及ぶフィルム製造で培った色作りのノウハウを注ぎ込んだフィルムシミュレーションは、フィルムを交換する感覚で色再現と階調再現を楽しめます。

PROVIA/スタンダード

シーンタフネス性に優れるスタンダードモード。心地よい・安定した色を再現する「記憶色」が特長。

VELVIA/ビビッド

高彩度+記憶色が特長の鮮やかなモード。鮮やかな原色再現は風景写真に最適。

ASTIA/ソフト

やわらかさと高彩度を両立。肌色の血色の良さとなめらかな階調が味わえます。

クラシッククローム

濁りと渋みのある個性的な色再現。往年のドキュメンタリーフォトのような世界観に。

PRO Neg.Hi

フラットな光でメリハリのあるポートレートに。好ましいナチュラルな肌色再現。

PRO Neg.Std

ライティングを活かしたポートレートで、ナチュラルな肌色再現をする軟調なモード。

アクロス(+Ye/R/Gフィルター)

高精細、黒の締まり、豊かな階調を徹底的に追求した高品位なモノクロモード。

モノクロ(+Ye/R/Gフィルター)

スタンダードなモノクロ。モノクロ、ACROSともに「Ye」「R」「G」の3種のフィルターを搭載。

セピア

ウォーム調のセピアカラーにするモード。レトロな被写体をノスタルジックに演出。

グレインエフェクト

写真全体に粒状感を加えることで、フィルム調の風合いに仕上げます。

OFF

カラークロームエフェクト

彩度が高く階調が出にくい部分に深みのある階調表現を加えます。

OFF

Strong


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る