ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
GFX Series

FUJIFILM GFX 50S

Share |

特長 4ボディ/デバイス

ボディ

サイズ・防塵・防滴・耐低温

ボディはマグネシウム合金を採用。大型の撮像センサーを搭載しながら小型・軽量を実現しています。カメラ本体の58点に施されたシーリング。水滴やホコリに強い防塵・防滴・耐低温構造によりスタジオだけでなく幅広いフィールド撮影を可能にします。

ドライブメニュー

DRIVEボタンで、1コマ撮影/連写/AEブラケティング/ISOブラケティング/フィルムシミュレーションBKT/ホワイトバランスBKT/ダイナミックレンジBKT/多重露出/動画の切り替えが迅速におこなえます。

デュアルカードスロット

両スロットとも高速のUHS-IIに対応。JPEG、RAW、動画の振り分け保存も可能。

コマンドポジション(C/T)

ISOダイヤル・絞りリングを「C」に、シャッタースピードダイヤルを「T」に設定すれば、フロント・リアコマンドダイヤルのみで設定値を変更でき、サブ液晶モニターで確認もできます。

露出補正

露出補正は露出補正ボタン+リアコマンドダイヤルでおこなえます。±5段、1/3ステップで設定可能。

ビューファインダー

高倍率・高精細の電子ビューファインダー

ファインダー倍率0.85倍、視野率100%、369万ドットの着脱式EVFを標準装備。5枚構成の贅沢なレンズにより高い視認性を誇ります。-4m-1〜+2m-1の視度調整が可能です。

EVFチルトアダプター EVF-TL1(別売)

別売のEVFチルトアダプターEVF-TL1を間に付けることで、縦チルト(0°〜90°/5段階)、横回転(±45°)させることができます。ウエストレベルや縦位置撮影などで変化に富んだ構図作りを可能にします。

3D電子水準器

電子水準器は奥行きのあるシーンに向く3D方式。水平垂直が重要な建築写真や風景写真に効果的です。

RGBヒストグラム

RGBと輝度の4種のヒストグラムを表示可能。また、ハイライト警告も同時に表示されます。

液晶モニター

3方向チルト、タッチパネル式の大型背面液晶モニター

背面液晶モニターは3.2インチ、約236万ドット、視野率100%。静電式タッチパネルによる直感的な指先操作が可能なほか、上90°、下45°、右60°に可動する3方向チルト式で、ハイアングル/ローアングルでのフレーミング・撮影も容易におこなえます。

ライブビュー拡大

リアコマンドダイヤルをプッシュ/回転させることで、1.0倍、2.5倍、4.0倍、8.0倍(等倍)、16.7倍にライブビューを拡大表示。等倍以上の拡大率で緻密なフォーカシングができます。

1x

8x

16.7x

静電式タッチパネル

静電式タッチパネルディスプレイを採用。AFエリア選択、RGBヒストグラム表示、3D電子水準器表示、ライブビュー拡大などを直感的操作でおこなえます。

撮影時/再生時 〈上下フリック〉 RGBヒストグラム・ハイライト警告表示(撮影時のみ)
〈ダブルタップ〉 ライブビュー拡大/再生ズーム
〈タップ・プレス・ドラッグ〉 AFエリア選択・タッチAF/ズーム移動
〈ピンチイン・アウト〉 拡大・縮小(再生時のみ)
〈スワイプ〉 コマ画像送り(再生時のみ)
その他機能 Qメニュー選択・文字入力

サブ液晶モニター

主要情報を表示するサブ液晶モニター

1.28インチの白黒サブ液晶モニターにはシャッタースピード、絞り、感度、露出補正など主要な撮影情報や機能設定アイコンを表示できます。8項目の表示をカスタマイズでき、屋外での視認性に優れています。暗い室内ではボタンによりバックライトのON/OFFも可能です。

縦位置バッテリーグリップ

縦位置バッテリーグリップ VG-GFX1(別売)

縦位置撮影でも光軸を維持したままホールディングを安定させる縦位置バッテリーグリップVG-GFX1には、レリーズボタン、コマンドダイヤル、フォーカスレバー、6個のFnボタンなどが搭載されており、カメラ本体と同様の操作が可能。バッテリーを装填可能で、長時間の撮影にも対応します。またAC-15V(別売)を使えばグリップ内のバッテリーを充電(約2時間)することも可能です。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る