ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
GFX Series

FUJIFILM GFX 50SNew

Share |

メカニカル

シャッター

世界初、中判ミラーレスカメラ専用フォーカルプレーンシャッター(*1)

新開発のフォーカルプレーンシャッターは世界初の中判ミラーレスカメラ専用シャッターです。耐久性能15万回(*2)・静音性に優れた最速1/4000秒のメカニカルシャッターと電子先幕シャッターを実現。電子シャッターを含め3種類から選択可能です。

メカニカルシャッター 4秒~1/4000秒(Pモード時)、60分~1/4000秒(全モード合わせて)
バルブ(最長60分)、TIME:60分~1/4000秒
電子先幕シャッター(*3)   4秒~1/4000秒(Pモード時)、60分~1/4000秒(全モード合わせて)
バルブ(最長60分)、TIME:60分~1/4000秒
電子シャッター 4秒〜1/16000秒(Pモード時)、60分〜1/16000秒(全モード合わせて)
バルブ(最長60分)、TIME:60分〜1/16000秒
メカ+電子シャッター 4秒~1/16000秒(Pモード時)、60分~1/16000秒(全モード合わせて)
バルブ(最長60分)、TIME:60分~1/16000秒
電子先幕シャッター+電子シャッター(*3) 4秒~1/16000秒(Pモード時)、60分~1/16000秒(全モード合わせて)
バルブ(最長60分)、TIME:60分~1/16000秒
フラッシュ同調速度 1/125秒以下

フォーカス

9×13(117点)/17×25(425点)のAF測距点と6種類のフォーカスエリア

TTLコントラストAFによるシングルポイント・ゾーン・ワイド/トラッキングを選択可能。シングルポイントの測距点は9×13の117点、17×25の425点でフォーカスエリアサイズは6種類を切り替えることができ、最小サイズではピンポイントのフォーカシングが可能です。

6種のAFモード

AF-S+シングルポイント 被写体を1点のスポットで捉える
AF-S+ゾーン 3×3、5×5、7×7の広範囲で被写体を捉える
AF-S+ワイド フルオートで画角全体から被写体を捉える
AF-C+シングルポイント 1点にピントを合わせ続ける
AF-C+ゾーン 選択されたエリア内でピントを合わせ続ける
AF-C+トラッキング 画面全体で被写体を捕捉し続ける

フォーカスレバー

スティック操作で縦・横・斜めの8方向にフォーカスエリアを移動でき、構図とピント位置にこだわった撮影が可能です。

顔検出/瞳AF

カメラが自動で顔と瞳の位置を検出してピントを合わせます。左右の瞳の優先も設定できます。

被写界深度スケール

モニター上の距離指標バーで被写界深度を確認できます。ピクセル基準、フィルム基準の2種から選択可能。

フォーカスアシスト機能

マニュアルフォーカス時にフォーカスピーキングを使用可能。拡大表示もおこなえます。

露出

ダイヤル・リング操作による露出モード設定

シャッタースピードダイヤル、ISOダイヤルと絞りリングの組み合わせにより、絞り優先AE(A)、シャッタースピード優先AE(S)、プログラムAE(P)、マニュアルの4種の露出モードを切り替えられます。また、主要な露出設定はダイヤル式になっているため、電源がOFFの状態でも露出設定を変えられ、次の撮影に備えられます。更にコマンドポジション(C/T)によりコマンドダイヤル操作も可能。

測光

4種の測光モード

測光モードはマルチ、スポット、アベレージ、中央部重点の4種。スポット測光時はフォーカスエリアと測光エリアの連動も可能。

マルチ 被写体情報を解析して算出
スポット 測光エリアを中心に約2%を測光
アベレージ 画面全体の輝度を平均して算出
中央重点 画面中央部を重点的に測光

連写

約3.0コマ/秒の連写性能

連写は最速3コマ/秒。JPEGのみでの撮影時はメモリーカード容量いっぱいまで、RAW撮影時は連続10コマ、圧縮RAW撮影時は連続13コマまで連写可能。

フラッシュ

多機能なフラッシュ

フラッシュのシンクロ速度は最速1/125秒。FP発光に対応したEF-X500(別売)を使用すれば、メカニカルシャッター最速の1/4000秒まで同調します。また多灯フラッシュなど豊富なフラッシュ設定をカメラでもおこなえます。

対応フラッシュ(別売) EFシリーズ(EF-X8除く)
シンクロターミナル あり フラッシュ同調速度 1/125秒以下
同調モード 先幕/後幕/AUTO FP(HSS)
発光モード TTL(フラッシュ発光オート/スタンダード/スローシンクロ)/マニュアル/OFF
  • * EF-X500使用時

Notes

  • *1 43.8×32.9mm以上のサイズのセンサー搭載のミラーレスデジタルカメラにおいて、2016年12月現在。当社調べ。
  • *2 当社試験基準による。
  • *3 電子先幕シャッターを使用時は連写速度が約1.8コマ/秒に落ちます。また高速シャッター時(1/640~1/4000秒)メカニカルシャッターに切り替わります。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る