ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
GFX Series

FUJIFILM GFX 50SNew

Share |

特長 5操作性

5種類のブラケティング

1回のレリーズで異なる設定の画像を複数枚記録するブラケティングは5種搭載。JPEGだけでなくRAWでの記録にも対応しています。

AEブラケティング(2/3/5/7/9枚) ±1/3EV〜±3EV、 1/3EVステップ
フィルムシミュレーションブラケティング 3モード
ダイナミックレンジブラケティング 100%/200%/400%
ISOブラケティング ±1/3EV、±2/3EV、±1EV
ホワイトバランスブラケティング ±1、±2、±3

AEブラケティング設定

±0EV

+3EV

フィルムシミュレーションラケティング設定

PROVIA

Velvia

インターバルタイマー撮影

撮影間隔 1秒~24時間
撮影枚数 1枚~999枚、∞
撮影開始時間 0分後~24時間後

撮影間隔・回数・開始時刻を設定可能。定点撮影やタイムラプス、セルフタイマー的な使い方まで、ユニークな撮影が行えます。1秒~24時間、1枚~999枚、∞枚の範囲で設定が可能。

多重露出

1枚の写真に2つの像を重ねる多重露出撮影は、1回目の撮影結果を表示し、重なり具合を確認しながら2回目の撮影が可能。簡単にアーティスティックな表現がおこなえます。

セルフタイマー

2秒、10秒の2種類から選択可能。長時間露光などレリーズによるブレを防止したい撮影にも有効です。

バッテリー劣化度

バッテリーの劣化状態をチェックできます。カメラ本体と縦位置バッテリーグリップに装着されているバッテリーをそれぞれ0~4の劣化状態を目盛りの位置で表示します。

撮影スタンバイモード

5分、2分、1分、30秒、15秒の中から設定した時間、カメラを操作しないと、サブ液晶モニター以外のカメラ機能が休止し、省電力モードになります。スタジオなど長時間のセッティング・撮影を繰り返す時に効果的です。

フルハイビジョン動画

フルHD動画(1920x1080 29.97p/25p/24p/23.98p 36Mbps)、HD動画(1280x720 29.97p/25p/24p/23.98p 18Mbps)での動画撮影に対応。動画撮影時もフィルムシミュレーションが適用でき、ACROSを使用した高精細モノクロ動画、クラシッククロームを使用したドキュメンタリー調動画などを楽しめます。

ボイスメモ機能

再生画面上でボイスメモを録音可能。撮影画像についての情報を音声で記録することができ、メモを撮ることが難しい場合も手軽に撮影時の状況を残すことができます。最長で30秒まで録音することが可能です。

EXIF用著作権情報

あらかじめ「作成者名」と「著作権者名」を登録しておけば、自動的に撮影画像のExifにコピーライト情報が追加されます。登録はタッチパネル操作でおこなえます。

センサークリーニング

センサークリーニングは圧電素子による超音波方式。即時実行、電源ON時に実行、電源OFF時に実行から選ぶことができます。

ワイヤレス通信

無料の専用アプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」をスマートフォンやタブレットにインストールすることで、リモート撮影や撮影した画像の閲覧・転送などがおこなえます。

スペシャルサイト

無料アプリケーションの詳細な使い方・ダウンロードについては、こちらをご覧ください。

カスタムボタン・便利なメニュー

カメラには10個のFnボタンがあり、それぞれ好みの設定を割り当て可能。設定へのショートカットQ(クイック)メニューの項目入れ替えもおこなえます。また使用頻度の高い設定をまとめて登録できる「マイメニュー」、フィルムシミュレーション設定と画質設定を保存し設定名称も編集できる「カスタム登録」など、高いカスタマイズ性を誇ります。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る