ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
GFX Series

FUJIFILM GFX 50S

Share |

特長 8システム

システムチャート

フラッシュ

EF-X500(別売)

ガイドナンバー約50、多灯ライティング、FP発光、連写時の連続発光に対応した高性能多機能フラッシュ。

ターミナル

外部接続インターフェース

テザー撮影などに使用するUSB3.0、外部モニター出力に使用するHDMIマイクロ端子をはじめ、リーモートレリーズ端子、マイク端子、ヘッドフォン端子などを搭載。パワープラグ入力端子にACパワーアダプターAC-15V(別売)を接続すれば、外部からの電源供給・充電が可能です。ケーブルを固定するケーブルロックを同梱。

マウントアダプター

H MOUNT ADAPTER G(別売)

GX645AF用のSUPER EBC FUJINON HCシリーズ(出荷終了品)などのHマウントレンズをGFX 50Sで使用するためのマウントアダプター。レンズシャッター、絞り優先AE、マニュアル露出での撮影に対応。マニュアルフォーカスでの使用となります。マウントアダプターには電子接点もあり、個別のレンズ補正データを作成・記録できます。また脱着可能な三脚座も同梱。望遠レンズなど重いレンズでも安心して使用できます。

対応レンズ Hマウントレンズ
露出モード 絞り優先AE(A)、マニュアル
シャッター選択 ボディ内フォーカルプレーンシャッター/レンズシャッター
フォーカスモード マニュアルのみ
操作部材 ファンクションボタン(シャッター選択)、マウント解除レバー、三脚座

ビューカメラアダプター

VIEW CAMERA ADAPTER G(別売)

往年のフジノン大判レンズなど大判レンズが使用可能な4×5ビューカメラをGFX 50Sで使用するためのアダプター。ビューカメラの特徴である、アオリ撮影をGFX 50Sでおこなうことができます。ボディ内のフォーカルプレーンシャッターで撮影可能です。

テザー撮影

HS-V5(別売、*1)

「PC撮影専用ソフトウエアHS-V5 for Windows®」をご使用いただくと、GFX 50SとUSBケーブルまたは無線通信(ファームウエアVer.1.10以降)を使用して接続し、カメラで撮影した画像を直接PCに保存したり、PCからカメラをコントロールしたりすることができます。
また同梱のHyper-Utility3をご使用いただくことで、PCに保存した撮影画像を「閲覧」することができます。 ヒストグラムやハイライト警告、タグ情報の表示機能を使用した画像の「解析」、2つの画像をならべて表示・比較できる2画面比較機能を使用した画像の「評価」、マーカー機能による画像の「分類・整理」などが可能です。

Tether Shooting Plug-in PRO for Adobe® Photoshop® Lightroom®(別売 *2)

Adobe® Photoshop® Lightroom®をご使用のお客さまが、「GFX 50S」と PCをUSBケーブルまたは無線通信(ファームウエアVer.1.10以降)を使用して接続し、カメラで撮影した画像を直接PCに保存したり、PCからカメラをコントロールすることができるプラグインソフトウエアです。
従来の「Tether Shooting Plug-in for Adobe® Photoshop® Lightroom®」 (スタンダード版)の機能に加え、撮影画像確認や、多彩なカメラ制御が可能なコントロールパネルウィンドウをPC画面上に表示します。これまでのLightroom撮影プラグインでは撮影画像を確認するために、転送・保存された撮影画像がLightroomに登録・表示されるまで待つ必要がありましたが、コントロールパネルウィンドウを表示することで、より高速に確認することが可能になりました。また、コントロールパネルウィンドウでは、ライブビュー表示はもとより、撮影条件設定、ブラケティング撮影、インターバル撮影、オーバーレイ確認、カメラ設定のバックアップ・リストアなど、多彩なカメラ制御が可能です。

FUJIFILM X Acquire

GFX 50SをUSBケーブルまたは無線通信(ファームウエアVer.1.10以降)を使用して接続し、FUJIFILM X Acquireを起動すると、GFX 50S本体で撮影した画像がコンピューターに自動的に転送・保存されます。設定によりカメラに挿入したメモリーカードに保存する画像ファイルの形式、コンピューターに転送・保存する画像ファイルの形式をRAW、JPEGから選択する事ができます。

RAW現像

カメラ内RAW現像機能

撮影したRAWデータをカメラ内で現像する機能を搭載。パソコンを使わずに、移動中でもRAW現像が可能です。露出補正やホワイトバランス、画質調整など、カメラの設定値を使って簡単に現像できるほか、フィルムシミュレーションモードでの現像も可能です。JPEGに加えて8bitTIFFでの保存も可能です。

Adobe® Photoshop® Lightroom®(別売)

「Adobe® Photoshop® Lightroom®」をご使用いただくことで、RAWファイルをパソコンでJPEGやTIFFなどの画像に現像することができます。カメラ内RAWファイル現像機能よりも繊細または大胆な調整やフィルムシミュレーションも使用することができます。

RAW FILE CONVERTER EX 2.0 powered by SILKYPIX(無償ダウンロード)

「RAW FILE CONVERTER EX 2.0 powered by SILKYPIX」をご使用いただくことで、「GFX 50S」で撮影したRAW画像を、様々な画質設定やフイルムシミュレーションモードを使用して現像する事ができるようになります。

Notes

  • *1 ご購入後に当社WEBサイトから最新版をダウンロードしてアップデートしていただく必要があります。
  • *2 本ソフトウエアをご使用いただくためには、別途Adobe® Photoshop® Lightroom® 6 もしくは Adobe® Photoshop® Lightroom® CC をご購入いただく必要があります。対応OSはLightroom各バージョンの対応OSに準じます。 macOS Sierra でご使用いただくためには、Lightroom 6.7 以降、もしくは Lightroom CC 2015.7 以降が必要です。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る