ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X100TNew

Share |

特長3スペックを超えた美しさの理由。

大型のAPS-Cサイズ X-Trans™(*1) CMOS II センサー

X-Trans CMOS II センサー

ローパスレス構造による独自の画素配列で、フルサイズに匹敵する解像力を実現。さらに位相差画素を組み込むことで、AFスピードが飛躍的に向上。

APS-Cセンサーの可能性を最大化させる X-Trans CMOS II。
  • APS-C サイズイメージセンサー
    23.6 × 15.6mm
  • マイクロフォーサーズ
    17 × 13mm
  • 1インチセンサー
    13.2 × 8.8mm

極める高画質。新開発 APS-C 16M X-Trans CMOS IIセンサー & EXRプロセッサー II

レンズの解像力を最大限に引き出す新型センサーと、新しい画像処理エンジンが、画面中心から周辺部まで高いシャープネスを実現し、美しい高感度を生み出す。

  • 1:マイクロレンズ
  • 2:X-Transカラーフィルター
  • 3:遮光層
  • 4:位相差画素
  • 5:フォトダイオード

レンズの解像力を余すことなく引き出す、ローパスレス構造と点像復元処理。

X-Trans CMOS IIセンサーでは、周期性の低い独自のカラーフィルター配列を採用することで、従来のセンサーで解像感を犠牲にしながらモアレ抑制のために使用されていた光学ローパスフィルターを不要にしています。これにより、レンズから届く光をダイレクトに受け止めることができ、高い解像力を持つレンズの描写力を最大限引き出しています。さらにEXR Processor IIが、絞り込み時の回折ボケやレンズ周辺部のわずかなボケを補正する"点像復元処理"を行うことで、F8などに絞り込んでも、細部まで高い解像感が得られます。

[left]Conventional sensor  [center]New sensor (OLPF less) / New processor (LMO processing) [right]New Processor (PSFD Processing)
  • FUJIFILM X100
  •  
  • FUJIFILM X100T
解像力比較

縦軸:MTF(解像力)
横軸:空間周波数

低ノイズを極める、X-Trans CMOS IIセンサー& EXR Processor II。

X-Trans CMOS IIセンサーでは、従来比約30%以上の低ノイズ化を実現。さらに、出力される高S/N信号は、EXRProcessor IIによってそのクオリティを一段と高めます。信号とノイズを高度に分離するX-Trans配列ならではの高感度処理と、色にじみを抑制する新ノイズリダクションは、センサーサイズを超えたワンランク上の画質を実現します。

高感度性能の比較

縦軸:S/N(dB)
横軸:ISO

EXR Processor II

独自の位相差AFを可能にした「X-Trans CMOS II」センサー+ 高速処理エンジン「EXR Processor II」が、高速AFの0.08秒(*2)をはじめ、あらゆる操作を高速化。

6.0コマ/秒(連続25コマ(*4))の高速連続撮影

フル画素1630万画素で最大6.0コマ/秒(連続25コマ)の高速連写を可能にしました。動く被写体などを連写して、ベストな1枚を選ぶことができます

ハイパフォーマンスモード

最速0.08秒(*2)の高速AFが可能となり、液晶モニターの明るさもアップ。また、電源OFFした後、最大20分間まで、再び電源ONにすると即座に再起動。起動時間が約0.9秒から約0.5秒に短縮され、カメラを構えてすぐに撮影できます。

Notes

  • · このページに掲載している画像は、当社検証に基づくイメージです。
  • *1 X-Transは富士フイルム株式会社の商標または登録商標です。
  • *2 CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、ハイパフォーマンスモード時。
  • *3 ハイパフォーマンスモード時。
  • *4 JPEG記録時。記録枚数は、使用するカードによって変わります。連写速度は、撮影環境や連続撮影枚数によって変わります。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る