ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X100TNew

Share |

特長53つのレンズの連携がほぼすべての撮影領域をカバー。

フジノン23mm(*1)、開放値F2の固定式単焦点レンズ

なぜ、固定式単焦点、開放値F2を選択したのか

その答えは、レンズ交換式を凌駕する高画質の実現と徹底した薄型化にあります。FUJIFILM X100Tは、APS-Cサイズの大型センサーを搭載し、かつ持ち歩きやすい薄型・小型を追求。この二つを高いレベルで両立するため、レンズ固定式、非沈胴の単焦点レンズを新規開発しました。写真家の視点とカメラを一体化し、フレーミングに対する迷いをなくすことができるのも単焦点レンズならではの魅力です。

こだわりのレンズ設計、そのすべてが性能優先

球面レンズ中心のシンプルなレンズ構成(6群8枚)はオールガラス製。高性能な両面非球面レンズを1枚、すべての凸レンズに高屈折ガラスを使用。さらに画像の乱れを抑える前群移動方式のフォーカシング、ゴーストを抑えてクリアな画像をもたらすスーパーEBCコーティングなどの技術を採用し、高画質を追求。収差が少なく端正な画像、シャープな解像感、美しい色再現性など、バランスのとれた高品位な描写性能を発揮します。

両面非球面レンズ

非球面レンズを多用すれば設計の自由度は増えますが、必ずしもいいレンズができるとは限りません。できるだけ球面レンズを使い、最も効果的な部分に、性能を優先したガラスモールド両面非球面レンズを1枚採用しました。

クリアで抜けの良い高画質を目指した多層コーティング処理技術スーパーEBC

放送用ビデオレンズや大判カメラ用のレンズに使用され長年にわたりプロから支持されている、フジノン独自の多層コーティング処理技術「スーパーEBC」を施しました。ゴーストやフレアを軽減し、厳しい撮影条件化でもクリアな画像を約束します。

美しい円形のボケを演出する9枚羽根。

美しいボケ味を実現するために、絞り羽根は9枚を採用しました。やや広角系ながらもやわらかなボケ味が、被写体をぐっと引き立てます。

(Left) ND Filter OFF (Right) ND Filter ON
  • NDフィルター オフ
  • NDフィルター オン

明るいシーンで露出を操るNDフィルターを内蔵。

絞り値にして3段分、光量が1/8になるNDフィルターをレンズに内蔵。光量が多い場所でシャッタースピードを遅くしたい時や、できるだけ開放側の絞りで撮影したい時に威力を発揮します。ファンクションボタンやメニュー設定で簡単にON/OFFできます。

被写体をアートに変える、10cmマクロ撮影。

10cmまでのマクロ撮影によって固定式単焦点レンズでも、風景から料理・小物撮影まで幅広いシーンに対応します。マクロ時の美しく自然なボケは、高品位な作品づくりを容易にしてくれます。

35mmの固定レンズと28mm、50mm相当の2本のコンバージョンレンズ。

周辺解像力の低下や歪曲収差の増大を徹底的に抑えた、好評の28mm(*1)ワイドコンバージョンレンズ(*2)に加え、豊かな周辺光量と明るいF値を確保し、ボケ味にも優れた50mm(*1)テレコンバージョンレンズ(*2)が登場。この2本のレンズはメニューで選択するだけで光学ファインダー上に画角相当の視野枠が表示されます。計3本のレンズの連携は、まさに交換レンズに匹敵する高画質、色再現性を発揮。徹底的にこだわった鏡胴のデザインは、装着時にあたかもオリジナルレンズのような優れた一体感も実現しています。

ワイドコンバージョンレンズ
WCL-X100 (シルバー/ブラック)
テレコンバージョンレンズ
TCL-X100 (シルバー/ブラック)

Notes

  • · このページに掲載している画像は、当社検証に基づくイメージです。
  • *1 35mm判換算。
  • *2 別売り。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る