ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X-E2

Share |

充実のカメラ機能

よく使う撮影モードは “DRIVE” ボタンから

DRIVEボタンから以下の設定がスムーズに行えます。

  • フルハイビジョン動画撮影
  • ブラケティング撮影
    -AEブラケティング
    -ISO感度ブラケティング
    -フィルムシミュレーションブラケティング
    -ダイナミックレンジブラケティング
  • 連続撮影(連写)
  • ぐるっとパノラマモード撮影
  • 多重露出撮影
  • アドバンストフィルター

フィルムシミュレーションで色を操る

フィルム撮影独特の表現をデジタルカメラで楽しめる「フィルムシミュレーションモード」。見た目に自然な色再現のPROVIA(スタンダード)、鮮やかな色調のVelvia(ビビッド)、柔らかい階調のASTIA(ソフト)に加え、プロ用カラーネガフィルムをベースにした2つのポートレート用モードを搭載。軟らかい階調のPRO Neg.Std、メリハリ感のあるPRO Neg. Hiにより表現の幅が広がります。また、3種類のフィルター効果を使った表現ができるモノクロや、セピア調の撮影も楽しめます。

PROVIA/スタンダード

Velvia/ビビッド

ASTIA/ソフト

モノクロ(+Ye/R/G フィルター)

セピア

<その他のフィルムシミュレーションモード>
  • PRO Neg.Std
  • PRO Neg.Hi

フルハイビジョン動画撮影機能

高画質なHD動画撮影も自在に。

高精細なフルハイビジョン動画(1920×1080)は、60コマ/秒、30コマ/秒での撮影が可能です。モノクロ撮影などのフィルムシミュレーションの色彩表現や大型センサーと明るいXF/XCレンズならではの大きく美しいボケ味により、雰囲気ある描写を楽しめます。外部マイクロホン端子にマイクロホン(市販品)を接続し、クリアで臨場感のある音を記録することも可能です。

フルハイビジョン動画×フィルムシミュレーション
PROVIA/スタンダード

見た目に近い自然な階調と色彩で、質感までリアルに再現します。

Velvia/ビビッド

鮮やかな色調のVelviaの発色をフルハイビジョン動画撮影でも表現できます。

モノクロ

階調感が豊かで、メリハリのあるモノクロ動画を撮影できます。

外部マイクロホン端子

本体に外部マイクロホン端子を装備。マイクロホン(市販品)を接続して、クリアな音声を録音できます。

マイクレベル設定

レベルメーターを見ながら4段階でマイクレベルを設定でき、録音漏れや音割れを防止できます。

ホワイトバランス設定

ケルビン値での設定も可能で、撮影場所の色温度に合わせたきめ細かな設定が行えます。 肌色の自然な表現など、作画意図に合わせた表現が可能です。

  • 画像は当社検証に基づくイメージです。

多彩なオートブラケティング撮影機能

AEだけでなく、ISO感度、ダイナミックレンジ、フィルムシミュレーションの4つのオートブラケティング撮影が可能です。

ダイナミックレンジブラケティング

ダイナミックレンジを100%、200%、400%の順に変えながら、3コマ連続で撮影します。

(Left) 100% (Center) 200% (Right) 400%
  • 100%
  • 200%
  • 400%

フィルムシミュレーションブラケティング

撮影した1枚の画像から、フィルムシミュレーションを変化させた3枚の画像を生成します。フィルムシミュレーションのモードは、任意で設定できます。

(Left) PROVIA(Center) Velvia (Right) ASTIA
  • PROVIA/スタンダード
  • Velvia/ビビッド
  • ASTIA/ソフト

AEブラケティング

1シャッターで露出を変えた3コマを撮影します。±1/3、±2/3、±1EVステップの設定ができます。

ISOブラケティング

一回の撮影でISO感度を変化させた画像を3枚生成します。シャッタースピードや絞りを変えずに明るさの異なる作品が得られます。±1/3、±2/3、±1EVステップの設定ができます。

ぐるっとパノラマ

大サイズで展示可能な迫力のパノラマ写真

カメラを動かしながら撮影した複数の画像から、高画質な1枚のパノラマ写真が得られます。A3サイズ相当に引き伸ばし、単写真と並べても見劣りしない解像感。横方向/縦方向、それぞれMとLの2タイプの画角が選べます。

  • 撮影画角はレンズによって異なります。

2枚の写真を重ねて、新たな写真表現を。多重露出撮影。

1コマ目に撮影した画像を液晶モニターに表示させたまま、重ねて2コマ目を撮影できます。このため2枚の写真の正確な位置合わせやフォーカシングが可能。仕上がりをイメージし、被写体の大きさを調整しながら、思い通りにイメージを創れます。

[Left]1st shot [center]At the time of the 2st shot [right]Photographing result
  • 1枚目
  • 2枚目撮影時
  • 撮影結果

撮影条件設定をカスタム保存

ISO感度、ホワイトバランスをはじめ、撮影時のさまざまな設定をカスタムとして7パターンの保存ができます。自分の撮影スタイルを割り当てておけば、撮影のたびに設定し直す必要がなく、スムーズにチャンスを狙えます。

高性能プレミアムクリア液晶

3.0型・104万ドット液晶モニター

撮影情報や画像を鮮明に映し出し、さらに暗いシーンでもスルー画を見やすく表示します。
強化ガラスを採用し、傷がつき難いうえ、光の反射を抑えて視認性にも優れています。

撮影情報表示

カメラのセッティング状態を一目で確認できるように、数値やアイコンを大きく表示するモード。ストレスなくデータを確認し、ファインダーでのフレーミングに集中したい時に最適です。

電子水準器

電子水準器を搭載し、撮影時に液晶モニター画面で、水平を確認しながら撮影することができます。

フレーミングガイド

「撮影メニュー3」から「フレーミングガイド」を選択し、「方眼9分割」「方眼24分割」「HDフレーミング」を選択できます。方眼分割では、被写体の配置を対角線上に置く場合など、構図を決める場合にとても有効です。

目的のページを素早く選べる、スクロール不要のメニュー画面

撮影機能・再生機能のメニュー画面は、設定項目を1ページごとにまとめて表示。タブを選ぶだけで、スクロールせずに設定項目を一覧でき、各機能を素早く選んで設定できるよう工夫しています。

  1. 1. 撮影メニュー(5ページ)
  2. 2. セットアップメニュー(3ページ)
  3. 3. 再生メニュー(3ページ)
  4. 4. セットアップメニュー(3ページ)

Q(クイックメニュー)ボタン

撮影メニューを一発設定

ISO感度設定やホワイトバランス、フィルムシミュレーションなど、使用頻度の高い撮影メニューを一覧で表示。十字キーで選択してコマンドダイヤルで設定するだけなので、撮影中でもスピーディな操作が可能です。

カメラ内RAW現像機能

撮影したRAWデータをカメラ内で現像する機能を搭載。パソコンを使わずに、移動中でもRAW現像が可能です。露出補正やホワイトバランス、画質調整など、カメラの設定値を使って簡単に現像できるほか、フィルムシミュレーションモードでの現像も可能です。

FUJIFILM X-E2専用RAW現像ソフト

パソコンで撮影画像を整理・閲覧・現像するために、ビュアー&現像ソフトをご用意。多機能と使いやすさで定評のあるSILKYPIX®のFUJIFILM X-E2専用バージョンです。(従来のXシリーズにも対応)

ホワイトバランス設定

色温度(ケルビン値)でも設定可能な充実のホワイトバランス

定評あるオートホワイトバランスのほか、光源に合わせて任意設定できる9種のプリセットモードを装備。グレーボードなどを使用するカスタムホワイトバランスや、色温度(ケルビン値)から選択する設定も可能です。

ホワイトバランスシフトできめ細かく設定

スルー画像の状態で、R(赤) ⇔ Cy(シアン)方向、B(青) ⇔ Ye(黄)方向に±9段の調整ができ、実際の画像を確認しながらの撮影が可能です。ホワイトバランスをきめ細かく補正したい時や、フィルター効果を生かしたクリエイティブワークにも対応します。

ISO100~25600のISO感度設定

常用感度でISO200~6400、拡張感度でISO100・12800・25600 が選べます。また、光量が一定しない撮影でも、ISOオート設定で上限感度を400~6400の間で選択できます。

  • 高感度撮影時でも、低ノイズを実現。

画質調整

カラー、トーン、シャープネスの調整

色の濃さを調整する「カラー」、ハイライト部とシャドー部それぞれのコントラストの強弱を調整する「ハイライトトーン」「シャドウトーン」、画像の輪郭を強調または弱める「シャープネス」。それぞれを細かく調整することにより、表現意図に合った画像に仕上げることができます。

2タイプの色空間

画像の使用目的に合わせて、一般的なディスプレイの基準色再現域であるsRGBと、より広い色再現域をもつAdobe®RGBの2タイプの色空間を選択できます。

ノイズリダクション調整機能

高い解像感を優先するかノイズの少なさを優先するか、撮影者が重視するポイントによって、5段階にノイズリダクションの強弱を調整できます。高感度における質感描写の調整ができます。

露出制御

使いやすいAE/AFロックボタン

被写体の露出とフォーカスをワンタッチで記憶させるために、専用のAE/AF ロックボタンを背面上部に装備。AEまたはAFのみのロックも可能です。

選べる測光モード

さまざまな光の状態に的確に対応する「マルチ測光」、画面中央部約2%のエリアを重点的にキャッチする「スポット測光」、画面全体を平均する「アベレージ測光」の中から状況に応じて素早く選択できます。

Note

  • このページに掲載している画像は、当社検証に基づくイメージです。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る