ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X-E2

Share |

ファームウエア Ver.2.00の改善点

最新ファームウエアは、こちらからダウンロードできます。

ファインダー表示のタイムラグを世界最短0.005秒(*1)へ高速化

FUJIFILM X-E2に搭載された電子ビューファインダーの表示タイムラグ(*2)を現行のファームウエアと比べ、約1/10以下の世界最短0.005秒(*1)と極限まで短縮。1月28日に発表したFUJIFILM X-T1で実現した「リアルタイム・ビューファインダー」の性能をお楽しみいただけます。
撮影時スルー画のフレームレートを改善、低輝度でも最大フレームレートを確保。最大フレームレートを50 fpsから54 fpsに改善。さらに、低輝度の薄明かりや夜景の撮影時もこの最大フレームレートで表示が可能になり、滑らかな映像を見ながら撮影できます。

フォーカスピーキングの表示を選択可能に

ピント合わせの目安として、被写体のコントラストが高い箇所の輪郭を強調して表示するフォーカスピーキングをご使用の際に、強調部分の表示色が現在のホワイト以外にも、ブルーとレッドが選択可能となります。それぞれの色で強、弱も選択でき、被写体やお好みにあわせて設定いただけます。

Fn (ファンクション)ボタンに割り当てられる機能を追加

撮影中に天面と背面にある4つのFn(ファンクション)ボタンに「顔キレイナビ」と「EVF/LCD設定」の選択機能が割り当てられるようになりました。「EVF/LCD設定」ではアイセンサーの働きにより、ファインダーに目を近づけるとEVFと液晶モニターの表示が自動で切り替わる「アイセンサーモード」、「EVF ONLY」、「LCD ONLY」、「EVF ONLY+アイセンサー」という4つのモードが選択可能になります。

フラッシュ撮影機能の選択メニューに「発光禁止」を追加

従来のファームウェアでは、ポップアップ式の内臓フラッシュを本体内に収めることでフラッシュ撮影機能を禁止する仕様となっておりましたが、今回の更新により機能選択メニューからも「発光禁止」を選択いただけるようになります。

最新ファームウエアは、こちらからダウンロードできます。

Notes

  • このページに掲載している画像は、当社検証に基づくイメージです。
  • *1: 2014年1月現在。当社調べ。
  • *2: 実際の被写体の動きと、ファインダーを通じて見た被写体の動きとの間に生じる時間差。2014年1月現在。当社調べ。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る