ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X-Pro2

Share |

特長 6操作性

 撮影者をサポートする実用至上主義の操作系統

一瞬のシャッターチャンスをものにするため、ファインダーから眼を離さない。この思想を具現化するため、全操作系統を右手側に集中。そして、主要な露出設定はダイヤル式で、指先の感覚で設定の加減が判断できると同時に電源オフでも次のシャッターチャンスに備えられる。FUJIFILM X-Pro2に息づくスナップへの愛情。操作系統が手になじんだとき、名作が生み出される。

露出補正

「C」ポジション搭載の露出補正ダイヤル

使用頻度が高い露出補正はダイヤル式。±3段、1/3ステップで露出補正が行え、ファインダーを覗きながらでも操作しやすいローレット形状を採用。「C」ポジションを選択すれば、フロントコマンドダイヤルで±5段までの露出補正に対応します。

ISOダイヤル

ISOダイヤル内蔵のシャッターダイヤル

シャッターダイヤルには、往年のフィルムカメラを彷彿とさせるISOダイヤルをダブルファンクション式で搭載しています。シャッターダイヤルの外周部を持ち上げることでISO設定が可能。露出に関する全ての設定をダイヤルで行うことができます。

フロントコマンドダイヤル

操作を快適にするフロントコマンドダイヤル

フロントコマンドダイヤルを新設。マニュアル時とシャッタースピード優先時、シャッターダイヤルでは設定できない中間シャッタースピードを設定することが可能です。また、プログラム時は露出の組み合わせを変更出来るプログラムシフトを行うことができます。

カスタマイズ性

メニュー類の高いカスタマイズ性

新機能「マイメニュー」には使用頻度の高いメニューを最大16項目登録しておくことが可能。主要なメニューを瞬時に呼び出せる「Qメニュー」や6個の「Fnボタン」と合わせ、合計の32項目のショートカットが作成出来、高いカスタマイズ性を誇ります。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る