ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X-T10New

Share |

特長 1操作性とデザイン

CONTROL MODE —こだわりの撮影で、写真を深く楽しむ

ダイヤル操作と豊富な露出モードで意図した写真を撮る

小型ボディながらXならではのダイヤル類は健在。シャッタースピードダイヤルとレンズの絞り設定を組み合わせれば、「プログラム(P)」「シャッタースピード優先(S)」「絞り優先(A)」「マニュアル(M)」を使い分けることが可能。シーンに応じた露出モードを直感的に選ぶことができ、本格的な撮影の醍醐味が味わえます。また、±3段、1/3EVステップの露出補正ダイヤルを使えば、微妙な露出コントロールが可能。フルマニュアル撮影時にも露出補正を併用することができます。

ダイヤル、リングの組み合わせで露出モードを選択可能。

AUTO MODE —とことん気軽に、上質な写真を楽しむ

「アドバンストSR オート」でインテリジェントなフルオート撮影

天面には「オートモード切換レバー」を新設。AUTOにすれば「アドバンストSRオート」に切り替わり、58パターンから、カメラが自動でシーンに合わせた最適な撮影条件を設定するため、簡単に高品位な撮影を行うことができます。オートフォーカスモードもフルオートに設定されるので、気軽に撮りたいとき、失敗したくないときに力を発揮します。背面のコマンドダイヤルから、任意のシーンを設定することも可能で、好みのシーン設定での撮影も行うことができます。

「オートモード切換レバー」は天面の操作しやすい位置に配置。レバーをAUTOにするだけでフルオート撮影が行えるので、誰にでも簡単に撮影が楽しめ、FUJIFILM X-T10の最高画質を気軽に味わうことができます。

デザイン

小型軽量ボディ

ボディ重量は約381gという軽さ。縦横サイズのバランスにこだわりつつコンパクトサイズを追求。

操作性を高めるダイヤル類

天面には使用頻度の高い3つのダイヤルを搭載。アルミ削り出し工法による上質な手触りと快適な操作性。

92万ドットチルト式液晶

3.0インチ92万ドットの液晶モニターを搭載。上下に可動するためハイ&ローアングル撮影に便利。

優れたグリップ

こだわり抜いたグリップの大きさと形状。コンパクトサイズでありながら、高いグリップ力を実現。

内蔵フラッシュ

ボディ天面中央部にフラッシュを内蔵。小型設計にこだわり、ポップアップ時もスタイリッシュ。

ふたつのカラーリング

高級感のあるシルバー、精悍なブラックの2 色展開。スタイルに合ったカラーをチョイス可能。

レザーケース BLC-XT10(別売)

ボディにフィットする専用本革ボトムレザーケース。カメラの保護、ホールディング向上の両面に寄与。

ハンドグリップ MHG-XT10(別売)

ホールディング性を高める金属製グリップ。三脚穴は光軸上に。装着したままバッテリー交換可能。

Note

  • このページに掲載している画像は、当社検証に基づくイメージです。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る