ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X-T2New

Share |

特長 5ファインダー

覗いて撮るというスタイルは、撮影の原点。

0.77倍、高精細の「リアルタイムビューファインダー」

236万ドットの高精細有機EL電子ビューファインダーは、ファインダー倍率0.77倍、水平視野角31°、表示タイムラグは0.005秒。輝度を2倍アップし自動明るさ調整機能を搭載したことで、強烈な逆光時などでもファインダーの視認性の低下を防ぎます。モアレや偽色は徹底的に排除。露出設定が反映されたライブビューを表示するというミラーレスの利点も合わさり、光学ファインダーに匹敵する性能を誇ります。

100フレーム/秒の滑らかな表示と暗所でも快適な表示性能

EVFの表示は通常時で60フレーム/秒、「BOOST」モード時で100フレーム/秒を実現。動きのある被写体も滑らかに切れ間なく表示し続け、光学ファインダーに遜色のない表示を可能にしています。また、低照度時も高速フレームレートを実現し、夜間の撮影でも滑らかな表示による快適なフレーミングがおこなえます。

最速11.0コマ/秒の連写性能と短いブラックアウト時間

連写性能も向上しており、メカニカルシャッター使用時で11コマ/秒(*1)、ライブビュー使用時で5コマ/秒を可能にします。ブラックアウト時間は従来比半分以下に短縮。被写体を長時間ファインダーで確認しながらの連写撮影が可能で、動きの激しい被写体も容易に捉え続けます。この高い連写性能とEVF性能がミラーレス機の常識を覆すAF-C+連写撮影を実現しています。

従来モデルとのブラックアウト時間の差

1.ブラックアウト時間
2.ファインダー越しで実物を認識できる時間

マルチモード・ビューファインダー

ファインダー倍率を最大限に活かす「フル」、データ視認性に優れた「ノーマル」、MF操作に特化した「2画面」と、さまざまなファインダーモードが撮影の歓びを喚起します。「ノーマル」「フル」では、縦撮りの際に表示が自動で回転します。

フル

大きなファインダーのメリットを活かし、全視野を見渡すことができます。撮影情報は、撮影行為を妨げないよう、上下に配置。広大な風景の撮影などに最適です。また、ポートレート撮影時などのマニュアルフォーカス使用時に、ピントの山をつかみやすい画面です。

ノーマル

画角全体を一瞥できる適度な視野のモードです。オートフォーカス使用時に、フレーミングに集中でき、動きのあるアクティブな撮影に向いています。

バーティカル

「フル」、「ノーマル」モードからカメラボディを回転させることにより、情報表示もスムーズに回転し、縦位置でも確認しやすい情報表示位置に切り換わります。ファインダーから眼を離さず、縦位置のまま再生(*2)して確認することができるので、スムーズな撮影が行なえます。

2画面

光学ファインダーでは実現できないオリジナルの情報表示。マニュアルフォーカス時にクリーンなライブビューと、「フォーカスピーキング」や「デジタルスプリットイメージ™」(*3)といったフォーカスアシスト機能の映像を別々に表示します。


ファインダー内には撮影者が必要な情報をカスタマイズして表示できるので、設定を確認しながら撮影を楽しめます。

  1. 1. 連写モード
  2. 2. ブレ防止
  3. 3. 被写界深度確認
  4. 4. AF + MF
  5. 5. 露出インジケーター
  6. 6. AF フレーム
  7. 7. 距離指標バー
  8. 8. 撮影モード
  9. 9. AE ロック/TTL ロック
  1. 10. 動画撮影の残り時間
  2. 11. 撮影可能枚数
  3. 12. 日付・時刻
  4. 13. ダイナミックレンジ
  5. 14. ホワイトバランス
  6. 15. ボタンロック
  7. 16. ヒストグラム
  8. 17. ISO 感度
  9. 18. 絞り値
  1. 19. シャッター方式
  2. 20. セルフタイマー
  3. 21. フォーカスチェック
  4. 22. フラッシュ(TTL モード) /調光補正
  5. 23. シャッタースピード
  6. 24. フォーカスモード
  7. 25. 測光モード
  1. 26. 動画モード
  2. 27. カードスロット設定
  3. 28. 画像サイズ・画質モード
  4. 29. 位置情報取得状態
  5. 30. フィルムシミュレーション
  6. 31. ブーストモード
  7. 32. バッテリー残量表示
  8. 33. 露出補正

Note

  • *1パワー・ブースター・グリップ搭載の「BOOST」モードを使用した場合。
  • *2 メニューの「表示設定」にある「縦横自動回転再生」をOFFにする必要があります。
  • *3 デジタルスプリットイメージ、Digital Split Imageは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る