ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X-T2

Share |

ファームウエア Ver.4.10

New ファームウエア Ver.4.10

最新ファームウエアはこちらからダウンロード

フォーカスブラケット機能追加

フォーカスブラケットは、ピントの位置を少しずつずらしながら1回のシャッターで最大999コマまで撮影ができる機能です。ピントの移動量は10段階から選択できます。

シネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」に対応

2018年6月発売予定のシネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」に対応し、以下の機能を使うことができます。

  • 1: 絞り値の表示、記録に対応します。絞り単位はT値/F値から選択することができます。
  • 2: 距離指標の表示に対応し、マニュアルレンズでありながらLCD/EVFでフォーカス位置を確認できます。
  • 3: ディストーション、色/輝度シェーディング補正に対応します。
  • 4: レンズポジション情報を元にAWBを最適化し、フィルムシミュレーション機能を最大限発揮することができます。

F-Log SDカード記録に対応

F-Log撮影データをSDカードへ記録することが可能となりました。

FULL HDハイスピード撮影に対応

フレームレートが120fpsまたは100fpsのFULL HD動画撮影が可能となりました。

像面位相差AF性能の向上

新たなAFアルゴリズムにより像面位相差AF性能が向上しました。

  • 1: 低照度限界を0.5EVから-1EVへ約1.5段分拡張し、暗所でのAF速度・精度が向上。
  • 2: 像面位相差AFが動作する最小小絞りをF8からF11へ拡大。被写界深度を深くする場合や、超望遠ズームレンズ「フジノン XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」に2倍テレコンバーター「XF2X TC WR」を装着して使用する場合等でも、像面位相差によるAFが可能となりました。
  • 3: ズーム操作中のAF-C機能が向上し、被写体が激しく動くスポーツ撮影などで威力を発揮します。
  • 4: 捕捉性能の向上により、野鳥や動物の毛並みのような微細なテクスチャーを持つ被写体でも精緻に撮影が可能となりました。

フリッカー低減機能追加

フリッカー低減は、蛍光灯や水銀灯など照明のちらつきがある不安定な光源下での連写撮影でも安定した露出を実現し、インドアスポーツの撮影などで威力を発揮します。

撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定

撮影モード時に表示されるGUIアイコンや情報表示をLCD、電子ビューファインダー、其々で拡大表示できます。
拡大表示時に撮影モード画面内に表示する情報をカスタム設定することができます。

通常表示
拡大表示
情報表示拡大 表示設定

ファームウエア Ver.3.00

最新ファームウエアをダウンロード

動く被写体への追従性を強化

画像認識アルゴリズムの改善により、従来に比べ、被写体への追従性が向上。被写体の動く速度が2倍、サイズが1/2になっても補足します。

RAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」に対応

パソコンとデジタルカメラをUSBケーブルで接続することで、デジタルカメラに搭載している画像処理エンジン「X-Processor Pro」 を使用したRAW現像が可能になります。現像設定の素早いプレビューや、バッチ処理による高速RAW現像ができます。

フラッシュの無線コントローラー制御に対応

他社製スタジオフラッシュの無線コントローラー制御に対応します。当社カメラシステムに対応した他社製スタジオフラッシュでハイスピードシンクロや、TTL撮影がご利用いただけます。

PCソフトウェア「FUJIFILM X Acquire」を使用してカメラ設定の保存・読み出しに対応

これまで「HS-V5」、「Lightroom Tether Shooting Plug-In PRO」をご使用の場合にのみ使用可能だった、USB接続でのカメラ設定の保存・読込み機能が、無償ソフトウエア「FUJIFILM X Acquire」を使用してご利用いただけるようになります。撮影条件を瞬時に切り替えたり、複数のX-T2間で設定をコピーする際に便利です。

ファームウエア Ver.2.10

最新ファームウエアをダウンロード

無線通信によるPCリモート撮影をサポート

無線通信によるPCリモート撮影に対応します。

AFモードに「オール」を追加

AFモードの「オール」を選択すると、「AFモード」と「フォーカスエリア」のサイズ全てをコマンドダイヤルだけで変更できるようになります。

「半押しAF」、「半押しAE」の機能拡張

「半押しAF」は、AF-SとAF-Cで、「半押しAE」は、AF-S/MFとAF-Cで別々に設定できるようになります。

EVF明るさに「-6」と「-7」を追加

EVF明るさで「-6」および「-7」が選択可能となり、極端に暗い撮影環境下においても、画面表示に邪魔されることなく、撮影に集中できます。

「2画面」表示モードでの画面入れ替え

「2画面」表示モードで大画面と小画面の中身を入れ替えることが可能になります。

リアコマンドダイヤルのファンクション化

リアコマンドダイヤルのプッシュにファンクション設定を割り当てることができるようになります。

ファームウエア Ver.2.00

最新ファームウエアをダウンロード

ブラケットおよびAdv.フィルター撮影でのRAW画像の記録

AEブラケットに加えて、ISO、ダイナミックレンジ、ホワイトバランス、フィルムシミュレーションの各種ブラケットおよびAdv.フィルターの撮影において、RAW画像を記録できるようになります。

拡張感度にISO125、ISO160を追加

低感度の拡張感度でISO125、ISO160を選択できるようになります。

長秒側のシャッタースピードを15分まで拡張

タイム撮影(T)時の長秒側のシャッタースピードは、従来30秒でしたが、最長15分までに大幅に拡張されます。

シャッタースピードの1/3段補正の無効化

コマンドダイヤル操作でのシャッタースピードの1/3段補正を無効化することが可能となり、意図しない操作を抑制できます。

コマンドダイヤルでのISO感度全域変更

ISO感度「A」ポジションを「コマンド」に設定することで、拡張感度も含めたISO感度全域をフロントコマンドダイヤルで変更可能になります。

感度AUTO設定の低速シャッター限界に「AUTO」を追加

感度AUTO設定の低速シャッター限界を「AUTO」に設定すると、レンズの焦点距離に応じてカメラが自動で低速シャッターの限界を設定するようになります。

顏検出AFの高速化

像面位相差AFを活用することにより、顏検出AFがより高速になります。

AF-Cモードでの合焦表示の改善

AF-Cモードにおいて、合焦表示のハンチング動作を抑制し、より被写体を追い易くなります。

AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加

AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加。全6サイズから選択可能となり、最少サイズではピンポイントなフォーカシングが可能になります。

「縦/横位置AFモード切替」の追加

縦位置、横位置の撮影において、それぞれでAFモード、AFエリアを別々に設定できるようになります。

ピント位置拡大中の位置変更

マニュアルフォーカス、およびAF-Sの「シングルポイント」でのピント位置拡大中に位置変更が可能になります。

動画記録中のアイセンサー有効化

動画記録中にアイセンサーが有効となり、EVFとLCDを自動で切り替えることができます。

動画記録中のISO感度変更

動画記録中のISO感度変更が可能になります。

動画記録中の再AF

動画記録中にレリーズボタンの半押しおよび「AF-ON」を割り当てたボタンを押すことにより、AFのやり直しが可能になります。

動画記録中のヒストグラム表示

動画記録中にヒストグラム表示が可能になります。

外部マイク入力レベルの最適化

外部マイク入力レベルを最適化(下限値を-12dBから-20dBへ見直し)することにより、プリアンプ付外部マイク接続時にホワイトノイズの低減が可能になります。

VIEW MODEに「アイセンサー+LCD撮影画像表示」を追加

VIEW MODEを「アイセンサー+LCD撮影画像表示」に設定することで、撮影はビューファインダー、撮影した画像の確認はLCDで行うという一眼レフのようなテンポでの撮影が可能になります。

「2画面」表示モードの常時化

半押し中でも「2画面」表示モードの小画面が消えなくなります。

LCDの自動縦表示

カメラを縦位置に回転させると、自動でLCD内の情報表示も縦表示に切り替わるようになります。

カスタム1~7の名前設定

カスタム1~7に名前を設定できるようになります。

Exif用著作権情報

あらかじめ「作成者名」と「著作権者名」を登録することができ、自動的に撮影画像のExifにコピーライト情報を付与できるようになります。

ボイスメモ機能

画像再生時に最長30秒の「ボイスメモ」を録音可能になります。

AEブラケットの機能拡張

従来の最大±2段、3枚から最大±3段、9枚までのAEブラケット撮影が可能になります。

「カードなしレリーズ」設定の追加

「カードなしレリーズ」設定をOFFに設定することで、SDカードの入れ忘れを防げます。


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る