ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

写ルンです LIFE

  • 30th ANNIVERSARY30th ANNIVERSARY
    • ごあいさつごあいさつ
    • ヒストリーヒストリー
    • アニバーサリーキットアニバーサリーキット
    • オリジナル写ルンですオリジナル写ルンです
  • SPECIALSPECIAL
    • JOURNALJOURNAL
    • INTERVIEWINTERVIEW
  • HOME
あの頃のまなざし 植本一子あの頃のまなざし 植本一子

一番初めに手にしたカメラは、黒くて軽い、丸みを帯びたプラスチック製の、おもちゃのようなコンパクトカメラだった。
それは、ポイントを貯めればかならずもらえるプレゼント商品のなかの一つだった気がする。わたしは結構なポイントを貯めたのだろう、今となっては何故、そのカメラを幼きわたしが選んだのかは思い出せない。ただ、短気であるわたしが、少しのポイントを集めてすぐにもらえるようなものを選んだのではなく、そのカメラに向かってポイントを貯め続けたことに、今更驚く。その執念だけを覚えている。思えば、その頃から写真に対して何か直感のようなものがあったのだろうか。

そのカメラを手にしたのはおそらく小学生の頃であり、おぼろげだが、自分で撮った写真も覚えている。頑張って作った生クリームのでろでろとしたケーキ、家の懐かない猫の仏頂面、庭の草花。自分の身近にあるものを、闇雲に写していたような気がする。コンパクトカメラで撮り始めたのはいいが、ピントの意味などわかっておらず、近づきたいものには好きなだけ近づいた。もちろんそれらはピンボケして写っており、わたしは、自分が見ている世界を写すことが容易ではないということに気づく。
次に覚えているカメラの記憶は、中学の修学旅行だ。そのときは「写ルンです」を持って行った。同級生のほとんどが同じように持ってきており、初めて飛行機に乗る子も多く、機内は撮影大会となった。まだ携帯にカメラがつく前の時代の話だ。私たちはこの瞬間を残そうと、一生懸命その軽いシャッターを押し、ピースサインを向けた。

「写ルンです」のシャッターの軽さは、本当に心細くなるような軽い音だ。指に伝わるその小さなバネの跳ね返りに、本当に写っているんだろうかと一瞬不安になる。そのシャッター音は、大事なものが刻まれる音だろう。デジカメのなかった時代、撮ったものをその場で確認できないのが当たり前であり、現像するまでのワクワク感と、プリントになった時の安堵と感動は、病みつきになるものがあった。
どんなカメラでも、簡単なようで実は難しい部分がある。「写ルンです」にも長所と短所がある。しかしその手軽さが、何よりも先行する、撮りたいという欲求を満たしてくれた。撮っているうちに、写真が上手になっていったのかもしれない。最初に手にしたコンパクトカメラよりも、上達していた。

高校に入学する時には、すでにカメラマンになろうと決めていた。これまで撮ってきた写真で、手応えを覚えたことも理由にあるが、とにかく押せば撮ることができて、それが表現になり、さらに仕事になるのがよかった。簡単だ、と思っていたのだ。簡単に思えて、実は一番難しい道を選んでしまっていることに、その時はまだ気づいていない。

あの頃の写真が見たいな、と思う。ちゃんと大事に取っておけばよかった。その時にはわからない、自分の写真の意味。それは、写っているものよりも、年月を経て振り返る時に見る、昔の自分のまなざしかもしれない。あの頃の目をわたしはもう思い出せない。何をどんな風に見、考えていたのか。
そう思うと、子供たちにも、まずは「写ルンです」を渡し、好きに撮らせてみようかな、と思うのだ。今の大切な時を忘れないで、というのは、実は過ぎ去った後にわかってしまう。写真は、今を残す、簡単で難しい、素晴らしい手段だ。
しかしこんなに面白いことを仕事にしたいと娘たちが言いださないかが心配でもあり、未だに渡すのを躊躇している。

今年台湾に行った時の一枚。「写ルンです」で撮った、高雄の海辺。旅は身軽に。

植本一子

写真家
1984年、広島県生まれ。2003年、「キヤノン写真新世紀」で荒木経惟氏より優秀賞を受賞、 写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等、幅広く活躍中。2013年、下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。著書に『働けECD〜わたしの育児混沌記〜』(ミュージックマガジン)、『かなわない』(タバブックス)がある。
       
※ 当サイトの画像は無断転載できません



ページトップへ戻る

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る
トップへ