ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

写ルンです LIFE

  • PRODUCTPRODUCT
    • ごあいさつごあいさつ
    • ヒストリーヒストリー
    • プレミアムキットプレミアムキット
    • オリジナル写ルンですオリジナル写ルンです
  • SPECIALSPECIAL
    • JOURNALJOURNAL
    • INTERVIEWINTERVIEW
  • HOME

「写ルンです」が記録するNegiccoの日常「写ルンです」が記録するNegiccoの日常

「写ルンです」が記録するNegiccoの日常

誕生から30年を経た「写ルンです」。多くの人がシャッターを押し、数々の景色や人の表情、胸に抱える一瞬一瞬の感情をおさめてきました。NegiccoのNao☆さん、Meguさん、Kaedeさんたちもそのひとり。この度、写真家でありSHUTTER magazine編集長を務める山田敦士との対談が実現。30周年を迎えた「写ルンです」を片手に、3人が写し出したものとは?

山田:さっそくですが、「写ルンです」の思い出はありますか?

Megu:修学旅行には、絶対持って行ってましたね。

Nao☆:私も修学旅行の思い出が強いです。みんなで撮りあったりして。それで、ちょっと好きな人が写ってるとかね。こっそり撮るんだよね!

Megu:わかる、わかる~!やってたな~。懐かしい。

Kaede:修学旅行は持ち込めなかったんですけど、卒業式とかは撮っていたなぁ。最後だから、みんなで写真撮ろう!って。小学生のときはチェキを使っていて、中学では「写ルンです」で撮っていました。

山田:中高生のときは、バッグの中に入れて持ち歩いていたんですね。

Megu:「サンシャイン日本海」っていう曲をリリースしたときに、Negiccoも「写ルンです」とコラボをさせていただいたことがあるんです。

Kaede:ネギカラーね!

山田:昔からご縁があったんですね。

山田:みなさん、「写ルンです」でたくさん撮影しているんですよね。まずは、Meguさんの写真から見ていきましょうか。この写真は?

Megu:私の好きなカレー屋さんが西永福にあるんです。そこで撮らせてもらいました。

山田:西永福にカレーを食べに行くって、よっぽど好きじゃないと行かないよね。

Megu:カレー、本当に好きです!Negiccoのメンバーでも行きました。

Megu:3人で自撮り。全然写ってない!(笑)

Nao☆:あはは!修学旅行みたい!こんな感じだよね。

Kaede:私、どうなってるんだろ(笑)。

山田:かわいいですね。どこで撮ったんですか?

Megu:下北沢のリハーサルスタジオだった気がします。ごはんを食べて練習する前にみんなで撮りました。

Megu:3rdアルバム「ティー・フォー・スリー」のイベント期間中のときです。当日にイベントがあったわけではないんですけど、看板があったので撮ってみました。でも、暗いなぁ…。

山田:暗いのは、暗いのでおもしろいですね。

Megu:そうですね。こうなるんだ!って発見があります。

Megu:かえぽが「写ルンです」で撮っているところです。

山田:渋谷ですね。

Megu:きれい~!

Kaede:家族旅行で、福島に行きました。

山田:僕、東北6県を放浪していたことがあって。福島には思い入れがあります。Kaedeちゃんは、よく家族旅行に行くんですか?

Kaede:母が旅行好きで。海外にもよく連れて行ってくれました。

Megu:あ~!これいいね!

山田:フレーミングが独特な感じ。すごくきれいに青空が撮れていますね。

Kaede:新潟って青空の日がなかなかないんです。曇っていることが多いですね。この写真はすごく晴れたときの。

山田:アンニュイな雰囲気。

Kaede:下北沢にあるmona records おんがく食堂で、期間限定の「Negi CAFE」が開催されてたんです。

Kaede:文字とか数字を見つけると撮っちゃいます。

山田:構図がおもしろかったり、文字にデザイン的要素があるのかもしれないですね。

山田:最後に、Nao☆ちゃんの写真。

Nao☆:ぽんちゃに「止マレ」で止まってもらいました。

Megu:髪の毛が止まってない…!

Nao☆:本当だ!かわいいよ、ぽんちゃ!(笑)

山田:ちなみに、場所はどこ?

Nao☆:鷲宮のArioです。

山田:Negiccoさんのイベントは、各地で行っているんですね。

Nao☆:いぇ~いって!

Megu:写ルンですで自撮りもできるんだね。

Nao☆:家のサンダルで庭に出てるところ。トマトを取ったんだよ!

山田:庭にトマトが?

Nao☆:ぽんちゃが大好きで、うちのトマト。

Megu:好きなんです~!おばあちゃんが作ってるんだよね。すごく美味しい。

Nao☆:競馬場でのイベントですね。いっぱいお菓子を置いてくださって。

Megu:バナナ、誰か1本食べた?

Nao☆:私が食べたんだよ~!

Nao☆:自販機で飲み物買っているところ。

山田:メンバーさん同士じゃないと撮れない距離感があるなぁ。

Nao☆:NHKホールの外で撮った写真です。

山田:7月30日に、NHKホールでワンマンライブをされるんですよね。今はどんな思いですか?

Nao☆:Negiccoを残していきたい、ずっとやっていきたいっていう気持ちでやっています。今までと同じことをやっていたら残れないと思うので、常に進歩できるように意識しながら練習しています。昔は、お互い恥ずかしがって言えなかったんですけど、最近はずっとNegicco続けていきたいねって3人で話しています。

山田:NHKホールは音響がすごいですしね。Negiccoさんたちがやるとき、どんなライブになるのか楽しみだなぁ。

山田:ところで、みなさんはどんな写真をおもしろいと感じますか?

Nao☆:こういう景色を見てたんだなぁ…って、その人が見ていたものがわかる写真です。

山田:写真って、人の好きなものがわかったりするよね。こんな視点で見ていたんだって。僕がすごく不思議だなって思うのが、10年前、20年前に撮った写真を見ると、当時の感情を思い出すこと。こんな風に感じていたなとか、走馬灯のようにぶわぁーっと。それがすごくおもしろいね。

山田:今回「写ルンです」で撮影していて、楽しかったことはありましたか?

Megu:撮った写真をすぐ見られないので、どういう感じになるんだろうってわくわくでした。

山田:デジカメだとその場ですぐ見られるけど、「写ルンです」は現像する時間があるからね。

Megu:そうなんですよ!仕上がりがすごく楽しみでした。

Kaede:撮ろうと思って周りを見ると、また景色が違って感じられるんだなって。こんなものもあるんだ!って発見があったりしました。

山田:カメラを通したら、普段見慣れた景色であっても違って見えますよね。

Nao☆:「写ルンです」で撮ると、地元に帰りたくなります。なんだか懐かしい感じがして!

山田:新潟への地元愛が感じられますね。

Negicco

Negicco

2003年結成の新潟在住アイドル・ユニット。メンバーはNao☆、Megu 、Kaede。現在「にいがた観光特使」を務める。これまでに3曲のシングルがオリコンウィークリーのTOP10にランクイン。2016年は “NEGiBAND”と共に、生バンドスタイルで行うツアーを開催した。5月に3枚目のアルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。7月30日には NHKホールでのワンマンライブを予定している。

Negicco オフィシャルウェブサイト http://www.negicco.net
Twitter Nao☆ https://twitter.com/nao_ngc
Megu https://twitter.com/megu_negicco
Kaede https://twitter.com/kaede_ngc

文:百佐保里
写真:向山裕太

       
※ 当サイトの画像は無断転載できません
ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ページトップへ戻る

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る
トップへ